ホーム > 掃除 > 冷蔵庫のカビはどうして発生するの?防ぐにはどうしたらいい?

冷蔵庫のカビはどうして発生するの?防ぐにはどうしたらいい?

冷蔵庫は温度が低いため、カビが発生しないと思われがちですが、ちょっとしたきっかけで冷蔵庫にもカビが発生・繁殖してしまいます。カビが発生してしまった場合は、アルコールや塩素系漂白剤でお掃除をしましょう。今回は冷蔵庫に発生するカビのお掃除方法などについて紹介します。

冷蔵庫にカビが発生するのはどうして?

まずは、温度が低い冷蔵庫でもカビが発生する理由を見ていきましょう。

・カビが発生する条件とは

冷蔵庫は温度が低いため「カビは発生しない」と思う方もいるかもしれませんが、カビは条件が揃えば場所を問わず発生します。

カビが発生しやすい条件は下記の3つです。

  1. 温度が20〜30℃である
  2. 湿度が60%以上である
  3. 食べものや調味料の汚れなどの栄養分がある

これらの条件が揃うことで、冷蔵庫であってもカビは繁殖し始めます。

・低温でもカビは活動している

カビは温度が低いからといって死滅するわけではありません。

具体的には、カビが繁殖しやすい温度は20~30℃とされていますが、0〜50℃の間であれば死滅せずに活動しています。

そのため、温度の低い冷蔵庫でもカビは密かに活動しているということです。

・外気による温度上昇

冷蔵庫のドアを開閉する度に外気が入り、冷蔵庫の温度が上がります。

特に梅雨から夏の湿度が高い時期には、外気が入り込むことで湿度も上昇するため、冷蔵庫にカビが発生しやすくなるのです。

・食べものや調味料の汚れ

冷蔵庫にこぼれてしまった食べものの汁や残りカスなどは、カビが好む栄養のため、掃除しなければそのままカビの栄養分になってしまいます。

さらに、腐った食べものや汚れが付いた食材も、カビが広がる原因になるので注意しましょう。

冷蔵庫のカビを掃除する方法

冷蔵庫に発生してしまったカビを掃除するには「アルコール除菌スプレー」と「塩素系漂白剤」を使う方法の2種類があります。

「アルコール除菌スプレー」はカビを除菌してくれますが、漂白はできないため、カビの黒い汚れを取り切るのには適していません。

一方、「塩素系漂白剤」は除菌と漂白ができるため、根深い黒カビにも効果的です。

それぞれの掃除方法を紹介します。

・アルコール除菌スプレーを使う

発生したばかりのカビであれば、アルコール除菌スプレーを使って撃退できます。

まずは冷蔵庫の中身を取り出して、アルコール除菌スプレーを冷蔵庫内に吹き付けたら、キッチンペーパーなどで拭き掃除をしましょう。

扉のパッキンにもカビが発生している場合は、綿棒を使って細かいゴミを取り除いてからアルコールを含ませたキッチンペーパーで拭き掃除をします。

最後に取り出した食材を元に戻せば完了です。

アルコール除菌スプレーを使った掃除を2~3か月に1回行うことで、冷蔵庫をきれいに保てます。

・塩素系漂白剤を使う

アルコール除菌スプレーを使ってもきれいにできなかった根深いカビには、塩素系漂白剤を使いましょう。

カビの黒いシミをしっかり漂白、除菌してくれます。

掃除の手順は下記の通りです。

  1. 塩素系漂白剤を薄める(メーカー指定の濃度で薄めてください)
  2. 1で薄めた漂白剤にキッチンペーパーを浸し、カビが残った部分に貼る
  3. 20~30分放置した後、新しいキッチンペーパーでしっかり水拭きする

塩素系漂白剤を使用する際は、ゴム手袋で皮膚を保護し、換気をしながら掃除しましょう。

冷蔵庫のカビの発生を防ぐには?

冷蔵庫のカビは自然に発生するものではありません。最後に冷蔵庫のカビの発生を防ぐ方法をお伝えします。

・こまめに掃除をする

冷蔵庫にこぼれてしまった食べものの汁や残りカスなど、小さな汚れも放置するとカビの栄養分となり、繁殖しやすくなります。

汚れを見つけたら、キッチンペーパーなどでサッと拭き取る習慣をつけましょう。

こまめに掃除をしておけば、アルコールスプレーや塩素系漂白剤を使った本格的な掃除も楽になります。

・扉を開けっ放しにしない

冷蔵庫内を理想的な温度・湿度に保つためにも、扉を開けっ放しにするのは止めましょう。

冷蔵庫に外気が入り込み、温度・湿度が上がることでカビが発生しやすくなります。

・食材の整理をする

冷蔵庫の中身が管理できていないと、食材にカビが付着していても気付けない可能性が高まります。

小さなカビもそのまま放置すると繁殖し、どんどん増えてしまいます。

「毎月〇日は整理をする」など自分で食材を整理する日を決めて、冷蔵庫の中身を管理しましょう。

まとめ

たとえ冷蔵庫であっても、カビが好む「温度・湿度・栄養分」の3つの条件が揃うことでカビは繁殖し始めます。こまめに掃除をして冷蔵庫のカビの発生を防ぎましょう。

もしカビが発生してしまった場合は、家事代行サービスなどプロに掃除を依頼するのも一つの手です。

タスカジには、お掃除が得意なタスカジさん(ハウスキーパー)がたくさんいます。まずは、こびりついた頑固な汚れを一掃してもらうと、その後、清潔な状態を保つことが、グッと楽になるかもしれません。ぜひ活用してみてくださいね。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中