ホーム > 洗濯 > 洗濯物の夜干しにはどんなメリットとデメリットがある?

洗濯物の夜干しにはどんなメリットとデメリットがある?

以前は洗濯をする時間帯は朝が一般的でした。しかし、最近は夜に洗濯をする人も多くいます。夜に洗濯物を干す場合、朝の洗濯とは違うメリット・デメリットがありますので、ぜひ知っておいてください。

今回は夜に洗濯物を干すメリット・デメリットをご紹介いたします。

夜に洗濯物を干すメリット

洗濯物の夜干しはこれまであまり一般的ではなかったということもあり、そのメリットについてもなかなかフォーカスされてきませんでした。ここでは、夜に洗濯物を干すメリットを5つ紹介していきます。

・電気料金が安い

電力会社によっては、夜間の電気料金が安くなるプランを提供しています。そのため、契約プランを夜型プランに変更し、夜に洗濯機を回すことによって、電気代を削減できます。

・残り湯が使いやすい

洗濯機の中には風呂水ポンプを装備しており、お風呂の残り湯を再利用できるタイプがあります。この機能を使うことで、温かいお湯を洗濯に使うことが可能です。温かいお湯は汚れを落としやすいだけでなく、朝まで置いておいたお湯に比べると雑菌も少ないため、比較的安心して使えます。

・洗濯物が汚れにくい

道路に面している場所に洗濯物を干している場合には、日中の車通りが多い時間帯は、排出ガスによって洗濯物が汚れてしまうというデメリットがあります。交通量が少ない夜間に洗濯物を干すことによって、汚れが付きにくくなるメリットがあります。

・夏は夜でも室内より乾きやすい

気温の高い夏は、夜でも外干しの方がよく乾きます。風が吹いていることによって室内干しよりも早く乾くので、夜に干してしっかり乾いたことを確認してから朝に取り込めます。

・洗濯物の色落ちがしにくい

日中に外で洗濯物を干すと衣類が日焼けしてしまい、色落ちする可能性があります。特に日中不在にしている場合には、どうしても外干しの時間が長くなってしまいます。色落ちや日焼け防止の観点からも、夜干しは有効です。

夜に洗濯物を干すデメリット

夜に洗濯物を干すことは多くのメリットがある一方、デメリットもいくつかあります。そのデメリットを4つ紹介していきます。

・防犯面の不安がある

夜間に洗濯物を干していると「この家は日中に誰もいない」という印象を持たれやすくなります。つまり、泥棒などのターゲットになりやすいということです。さらに、女性用の衣類を干している場合には、盗難の可能性や夜間を中心に発生しやすい放火の可能性などもあります。防犯面では少し不安が生じます。

・集合住宅の場合は近隣トラブルにつながりやすい

集合住宅の場合には、洗濯機を回す音が近隣に響くため、夜間に洗濯をすると苦情などの近隣トラブルが発生する可能性があります。最近は音を抑えるタイプの洗濯機も発売されていますが、どうしても振動は避けられません。集合住宅に住んでいる人は、近隣トラブル防止の観点から夜間は洗濯機を回さないようにしましょう。

・虫の卵が付くことがある

夜間は夜行性の虫が活発になる時間帯です。住宅街などの街灯や住宅の明かりで洗濯物が照らされて光っているように見えるようです。干している洗濯物に虫が寄ってきたり、卵を産み付けられたりする可能性があります。
特に森林が多い場所や山が近い場所ではこういった事例が多く報告されているため、注意しましょう。

・生乾きになることがある

春夏秋の気温が低い日、そして冬は洗濯物が乾きにくい傾向にあります。生乾きになることも珍しくなく、ニオイの原因になるという点に注意が必要です。
季節によっては夜干しを避けた方がよい日もあることを覚えておきましょう。

夜に洗濯物を干す場合、何に気を付けるべき?

では、夜に洗濯物を干す場合は何に気を付けるべきなのでしょうか?4つの気を付けるべきポイントを解説していきます。

・可能なら部屋干しがおすすめ

外に干す場合に比べて乾きにくいというデメリットはありますが、可能であれば部屋干しをおすすめします。部屋干しであれば、先述の防犯リスクや害虫リスクを簡単に防げます。また、コツを押さえておくことで洗濯物は簡単に乾きます。

・部屋干しなら扇風機やエアコンの活用がおすすめ

室内に扇風機を置いたりエアコンを効果的に活用したりすることによって、部屋干しでもすばやく乾かすことが可能です。特にエアコンにはドライ機能が付いていることが多く、部屋干しには非常に便利な機能となっています。

・洗濯物は密集させない

部屋干しのコツは「なるべく洗濯物を密集させない」ことです。間隔を空けて干すことで空気が通りやすくなり、生乾きなどニオイの原因が減るでしょう。また、乾かす時間が短くなるなどのメリットもあります。

・夜は室内、朝に屋外に干す方法も有効

より効果的に洗濯物を干したい場合には、夜は室内干しにして、朝に外干しすることをおすすめします。改めて外で日光に当てることによって、雑菌などを死滅させることができるでしょう。少し手間を加えることで、仕上がりが大きく変わってきます。

まとめ

この記事では洗濯物を夜に干すメリットとデメリットを解説してきました。もし「日中に家にいないけど夜干しは避けたい」との考えがあれば、タスカジを利用するのも一つの方法でしょう。プロの家事代行スタッフが面倒な洗濯を丁寧に行います。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中