ホーム > 家事代行 > 家政婦と家事代行はどう違う?サービス内容と相場を比較

家政婦と家事代行はどう違う?サービス内容と相場を比較

家政婦や家事代行サービスは、忙しい毎日の家事負担を減らしてくれる頼れる暮らしのパートナーです。共働き世帯や小さいお子さんがいるご家庭、高齢のご夫婦や一人暮らしの男性などあらゆる世帯の方が利用しています。家政婦と家事代行はどちらも家事サービスを提供している点で同じですが、異なる点もあります。

家政婦と家事代行サービスの違い

家政婦と家事代行サービスには、大きく3つの違いがあります。
それぞれのよさを知り、自分の家庭状況に合った選択をしましょう。

・契約形態

家政婦と家事代行サービスの大きな違いは、契約形態にあります。
家政婦が依頼者と家政婦本人の個人契約であるのに対し、家事代行サービスはスタッフを派遣する会社との企業契約です。そのため、もし家財道具の破損・盗難などのトラブルに見舞われたとき、家政婦の場合は個人同士で解決しなければなりません。また、家政婦を手配するにはある程度の時間を要するため、人柄や家事の仕方に不満があってもすぐに担当者を変えることは難しいでしょう。

一方家事代行サービスを行う会社は、損害保険に加入しているところがほとんどで、依頼時に起こったトラブルの深刻化を回避できます。また、複数人のスタッフが在籍しているため、比較的スムーズに担当者の変更ができるでしょう。

・作業時間

家政婦と家事代行サービスは料金体系が異なり、1度に依頼できる作業時間にも差があります。家政婦は日給制が多く1日約8時間の勤務を基本とし、日常的に家事を依頼したい場合は住み込みで働いてもらうことも可能です。
家事代行サービスは時給制で作業時間は一般的に2〜3時間とされ、契約時に前もって決められています。

しかし最近では、数時間単位で依頼を受けている家政婦も増え、家事代行と同じように利用できるようになりました。

・依頼できる内容

家政婦と家事代行サービスには、依頼内容にそれほど違いがありません。ただし、一部の家事代行サービスでは対応不可能なものもあるため、依頼前に確認しておきましょう。家事代行サービスで依頼できる家事には次のようなものがあります。

  • 各部屋やキッチン、洗面台などといった水回りの掃除
  • 洗濯やアイロンがけ
  • 買い出しや料理
  • 食器洗いや片付け
  • ゴミ出しやゴミの分別
  • 引っ越しの手伝い

反対に、介護・看護・ハウスクリーニングを必要とする大規模な清掃・子どもの世話・重い家具の移動・家庭教師など、その分野の専門的技能が必要な業務や危険を伴う仕事は依頼できません。

その点、家政婦は個人契約であるため、個々の状況に対し家政婦の承諾を得れば依頼できることもあります。家事代行サービスよりもより柔軟に対応することができ、急なお願いも聞いてくれることがあるようです。

家政婦と家事代行サービスの利用料金

家政婦や家事代行サービスの利用を懸念しがちな理由の一つが利用料金でしょう。ここからはそれぞれの利用料金の相場を紹介しますので、依頼時の予算算出にお役立てください。

・家政婦の利用料金相場

家政婦の利用料金の相場は、短時間の依頼時に発生する「時給」、通いで家事を代行する「日給」、宿泊を伴う「住み込み」によって異なります。時給は1時間あたり2,500〜3,000円が相場であり、日給(1日8時間)だと13,000〜15,000円です。住み込みで働いてもらう場合には実労働時間が12時間と多くなるため、20,000〜35,000円になります。ここに自宅までの交通費、家政婦紹介サービスからの紹介手数料などがかかることも押さえておきましょう。

・家事代行サービス利用料金相場

家事代行サービスでは、基本料金や延長料金、交通費、鍵預かり料金など、さまざまな利用料が発生します。基本料金の相場は1時間あたり2,000〜4,000円ですが、2〜3時間単位で依頼を受け付けている場合が多いため、実際は4,000〜12,000円の支払いとなるでしょう。

また、あらかじめ決められた作業時間を超過すると、30分ごとに1,500〜2,300円の延長料金がかかることもあります。交通費は、依頼主の自宅から1時間圏内に住む担当者が選ばれるため、700〜1,000円程度に収まるでしょう。定期的に通うことを目的とする鍵預かりの料金は無料、もしくは1か月1,000円程度とされています。

・どちらも定期契約すると安くなる

家政婦と家事代行サービスのどちらにも言えるのは、単発の依頼よりも定期契約のほうが1回の利用料を安く済ませられるということです。理由としては、定期的に依頼することで月の作業量が分散され、スタッフへの負担が軽減されることが挙げられます。

また、回数が多くなるほど効率よく作業してもらえ、担当者とのコミュニケーションが取りやすくなるという点では、依頼者にとってもお得な契約方法と言えるでしょう。

まとめ

家政婦と家事代行サービスは似ているようで異なる家事サービスであり、依頼内容に合わせて選択することが大切です。

家事代行マッチングサービスの「タスカジ」は、タスカジさん(ハウスキーパー)と依頼者が個人間契約をすることができるマッチングプラットフォームを提供しています。家政婦の仕組みを取り入れつつも、一般的な家事代行サービス会社のように契約時間が短時間(3時間)であなたにピッタリの経験豊富なハウスキーパーに業界最安値水準の料金で家事代行が依頼できます。また損害保険に加入している点も安心なポイントです。

あなたの暮らしにもタスカジの家事代行を取り入れ、日々の家事の負担を軽くしてみてはいかがでしょうか?

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中