ホーム > 家事代行 > 高齢者が家事代行を利用するメリット・デメリット|懸念点の解消法と注意点

高齢者が家事代行を利用するメリット・デメリット|懸念点の解消法と注意点

同居家族のいない高齢者夫婦もしくは1人暮らしの高齢者が増加しています。高齢者にとって、掃除や料理などの家事は身体的な負担が大きいものです。高齢者や高齢の両親をもつ方にとって、家事代行は非常に便利なサービスになります。本記事では、高齢者が家事代行サービスを利用するメリット・デメリットを解説します。

高齢になるにつれて家事が難しいと感じる人が増加

55歳以上の男女3,000人を対象とした「高齢者の健康」に関する調査(内閣府)」によると、約1割が「以前は問題なくできていたが、最近特に難しいと感じる活動」として家事をあげています。

高齢になっても元気な方が多いとはいえ、誰もが身体上に何らかの悩みを抱えています。自分たちだけではできない家事の困りごとを解消するには、家事代行で経済的に負担が少ないサービスの利用を考えるべきといえるでしょう。

ただ、自ら進んで家事代行を利用する高齢者は少ないかもしれません。家族や親族が、家事代行の活用について、積極的に考えてあげることが必要な状況にある高齢者が意外に多いといえるのではないでしょうか。

参照元:平成29年 高齢者の健康に関する調査結果|日常生活に関する事項|内閣府

高齢者が家事代行を利用するメリット

ここでは、高齢者が家事代行を利用するメリットについて解説します。

メリットは、以下の4つが挙げられます。それぞれの詳細を確認していきましょう。

1.家事全般もしくは負担になりがちな家事を任せられる

2.肉体的な負担を軽減できる

3.人と話す機会が増える

4.離れて暮らす家族が安心できる

1.家事全般もしくは負担になりがちな家事を任せられる

高齢者が家事代行を利用すれば、要望やライフスタイルに応じて、掃除・洗濯・料理・買い物などの家事全般をお願いすることができます。くわえて、問題なく自分でできることは自分でして、負担になりがちな家事を「掃除だけ」「料理だけ」といった特定の家事に絞って依頼するという利用の仕方も可能です。

2.肉体的な負担を軽減できる

高齢になると足腰が弱って、買い物の荷物を持って帰ることが困難になったり、掃除機の使用や布団の上げ下ろしといったやや重い家事が大きな負担になったりします。家事代行を利用すると、こういった肉体的な負担を軽減できることもメリットといえるでしょう。少しの体調不良も長引くことが多くなるため、無理なく生活できるよう、肉体的に負担となる家事を任せられるのは安心です。

3.人と話す機会が増える

家族と離れて、1人で暮らしている高齢者は少なくありません。体力面に不安があったり、外出するのが面倒になったりして、人とつながるきっかけが少なくなりがちです。孤独感を高めてしまう可能性もあるでしょう。家事代行を利用することによって、作業をしながら会話をするといったコミュニケーションが生まれるため、人と話す機会が増えることにつながるのです。

4.離れて暮らす家族が安心できる

高齢者にとってメリットの多い家事代行ですが、高齢の親と離れて暮らす家族にもメリットがあります。離れて暮らしていれば、気がかりではあるものの、頻繁に親に代わって家事をしてあげるのは難しいでしょう。家事代行を定期利用すれば、先述したような親の負担になりがちな家事をお任せできるため、親の肉体的な負担が軽減され、人と話す機会も増えるため安心することができるのではないでしょうか。

高齢者が家事代行を利用するデメリット

ここまで紹介したように、高齢者が家事代行を利用するメリットがある一方で、いくつかの懸念されるデメリットも存在します。

家事代行を利用するデメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  1. 費用がかかる
  2. インターネットを利用できない人もいる
  3. 誰が来るのか分からないことへの不安がある

1.費用がかかる

高齢者自身あるいはその家族が家事をすれば、費用は発生しません。しかし、家事代行を利用するとなると、当然ではありますが、費用がかかる点がデメリットです。毎月利用するとなると、費用がかさんでしまうため、多少不便でも利用を控えたいと考える高齢者もいるでしょう。

2.インターネットを利用できない人もいる

インターネットを利用して予約できる家事代行が増え、非常に便利になっています。一方で、依頼するためには、インターネットにつながっているスマホやパソコンが必要になり、予約からユーザー登録、依頼のやりとり、キャンセル・変更の連絡など、自分で行なわなければなりません。インターネットでの利用が難しい場合は、家族が代わりに予約などをするといった対策が必要です。

3.誰が来るのか分からないことへの不安がある

家事代行は、家事をしている人に代わって作業を行うというサービスの性質上、自宅に招き入れる必要があります。面識のない人を家に入れて、家の中を見られることに不安を感じる方も多いでしょう。初めての利用であれば当然といえますが、不安が強い方ほど、家事代行を利用するデメリットが大きくなります。

高齢者が家事代行を利用するデメリット解消法

高齢者が家事代行を利用する際のデメリットとして、「費用がかかる」「インターネットを利用できない人もいる」「誰が来るのか分からないことへの不安がある」の3つをご紹介しました。この3つのデメリットに対し、どのような解消法があるのでしょうか。

ここでは、具体的な対策について以下の方法を解説します。

  1. マッチング型の家事代行を利用して費用を抑える
  2. 敬老の日などにギフトとしてプレゼントする
  3. 高齢者に代わって代理機能を使って依頼する

1.マッチング型の家事代行を利用して費用を抑える

家事代行にかかる費用をできるだけ抑えたい方には、マッチング型の家事代行をおすすめします。マッチング型の家事代行とは、「家事の代行を依頼したい人」と「家事代行をサービスとして提供したい人」をマッチングさせるサービスのことです。依頼者とサービスを提供するハウスキーパーが直接取引をする仕組みになっているため、費用を安く抑えられます。

マッチング型家事代行の費用の目安としては、依頼内容にもよりますが、1時間あたり1,500~2,000円台で利用できることが多いです。日常的に利用するには、費用が安いに越したことはありません。基本の利用料金以外に、入会金や登録料がかかる業者もあるため、利用に際して、どの程度の費用が必要になるのか、トータルの費用で検討しましょう。

2.敬老の日などにギフトとしてプレゼントする

家事代行の利用をためらう高齢者には、敬老の日など贈りたいと思ったタイミングで、プレゼントしてみるといいでしょう。普段会えなくても、気にかけてもらえるのは嬉しいものです。家事代行は、どのようなタイミングにも対応していることが多いため、いつでも親孝行ができます。

家事代行を知るきっかけができれば、その後も継続して利用したいと考えてくれるかもしれません。定期的に、ハウスキーパーが訪問してくれると、「きれいに整った部屋で手作りの料理を食べている」という安心につながるでしょう。

3.高齢者に代わり代理機能を使って依頼する

高齢者にマッチング型の家事代行を利用してもらうためには、高齢者自身でアカウントを作成してもらう必要があります。インターネットを利用できない高齢者には、ハードルが高く、会員登録や依頼などを行うことが難しいものです。

家事代行マッチングサービス「タスカジ」では、このような問題を解消するため、高齢者に代わって家事代行を依頼できる「代理手配」の機能を提供しています。遠くに住む家族が「タスカジ」で家事代行を依頼できるというものです。これまでインターネットを利用できなかった高齢者にも、嬉しいポイントでしょう。

家事代行の「代理手配」機能をリリース 〜離れて暮らす高齢者に代わり、家族が手配して家事をサポート〜|株式会社タスカジ

高齢者が家事代行を利用する際のポイント

高齢者が家事代行を利用する際のポイントを解説します。重要となるのは、主に以下の3点です。

  1. 要望をしっかり伝える
  2. 依頼前に家族や親族に相談する
  3. 作業中の注意事項などを明確にしておく

事前に要望をしっかり伝える

高齢者が家事代行を利用する上で重要なのは、依頼する内容と作業の優先順位などの要望を、できる限り詳細に伝えることです。この点を曖昧にしておくと、作業中に確認事項が多くなり、時間内に終わらない可能性があります。

さらに、要望が反映されないと思ったような結果が得られず不満が残りやすく、どちらもトラブルにつながりやすいのです。そのため、作業がしやすいよう要望をしっかり伝えることは重要なポイントになります。

依頼前に家族や親族に相談する

1人暮らしの高齢者やスマホ操作に不安を抱えている方は、依頼する前に契約内容・サービス規約などを細部まで確認し、家族や親族に相談して、アドバイスをもらいましょう。

家事代行は、家事なら何でも依頼できるわけではなく、依頼すれば365日24時間いつでも駆けつけてくれるサービスでもありません。便利だと思って、利用頻度が多かったり、不要なサービスや高い料金のプランを選んでいる場合もあります。さまざまな点で、適切に判断できていないこともあるため、依頼する前に必ず家族や親族に相談しておくとトラブルの予防にもつながります。

作業中の注意事項などを明確にしておく

家事代行に対して、作業中の注意事項を明確にしておくことも重要です。例えば、入って欲しくない部屋を教えたり、取り扱いに気を付けて欲しい物品を伝えたりすると、お互いに不快な思いをせずに済みます。食べ物のアレルギーといった命に関わる事項も、明確にしておくことは、ストレスなく家事代行を利用する上で重要なポイントです。

高齢者の家事負担を軽減するなら「タスカジ」におまかせ

家事代行サービスで家事を定期的にアウトソーシングするなら、品質はもとより、できるだけ料金を抑えたいものです。リーズナブルな料金で依頼したい方へおすすめしたいのが、株式会社タスカジが運営する家事代行マッチングサービス「タスカジ」です。

家事代行サービスを提供する「タスカジさん(ハウスキーパー)」と家事代行を依頼したい個人とをマッチングさせるシステムになっています。手軽にリーズナブルな料金で利用できることから、近年大人気の家事代行サービスです。

1時間あたり1,500円から利用できる

1時間1,500円(税込)から3時間固定で利用ができます。業界最安値水準ともいえる家計に優しい料金です。さらに入会金・登録料も一切かかりません。 依頼できる家事は、掃除、整理収納、料理、作り置き、買い物、室内でのペットケア、保護者同席でのチャイルドケアなど、日常的な家事全般になります。

タスカジさんとの個人間契約なので、業界最安値水準ともいえる家計に優しい料金を実現させました。日常的な家事を網羅しているので、カバーしてほしい家事をリーズナブルな料金で利用できる点は、単発でも定期的な利用でも嬉しいポイントになるでしょう。

シェアリングエコノミー認証を取得している

タスカジは、シェアリングエコノミー認証を取得しています。この認証制度は、安全性・信頼性のあるサービスであることの証明として、シェアリングエコノミー協会が認証する制度です。登録事項・トラブル防止・情報セキュリティなど6つの分野の基準を満たしているため、初めてタスカジを利用する方も安心してサービスを受けることができます。

ハウスキーパーを事前に確認できる

レビューを見ることで、作業内容や品質に関する情報を確認することが可能です。タスカジのユーザーは、利用後48時間以内に感想をレビューとして投稿できます。タスカジさんが得意とする分野、仕事のクオリティが掲載されているので、自分のニーズに適した人を事前に確認できる点がメリットです。

また、タスカジさんは、デビューするまでに3段階のチェックを受けています。特に、レビュー件数が少ない新人さんを選ぶ場合は、テストモニター宅で受ける実践テストの講評が参考になります。モニターの講評は、初回のユーザーレビューとしてタスカジさんプロフィールページに記載されていますので、ぜひチェックしてみてください。

最後に

本記事では、高齢者が家事代行サービスを利用するメリット・デメリット、デメリットを解消する方法や利用時の注意点について解説しました。同居家族のいない高齢者夫婦や1人暮らしの高齢者が増加し、家事がままならない状況にある方も増えているようです。

子育てが終わったシニア世代にあっても、毎日の家事に終わりはありません。家事の不便さを感じたら、気軽に家事代行を利用するのも1つの方法です。また、離れて暮らす高齢者がいる家族にとっても、プレゼンㇳや代理機能を使って、普段の家事をサポートしてあげるのも喜ばれるでしょう。家事代行の利用は、ぜひタスカジへの依頼を検討してみてください。

監修者 at 株式会社タスカジ | Website | + posts

株式会社タスカジの代表取締役。国内大手ITベンダーに入社。その後MBA(経営学修士)を取得。2013年に共働きの家庭における新しいライフスタイルを実現するため、起業。2014年に家事代行マッチングサービス「タスカジ」を開始し、2017年に日経BP社 日経DUAL「家事代行サービス企業ランキング」1位、「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018働き方改革サポート賞」を獲得。
多くの人が自分らしく生きる時間を増やせる社会を実現するため、一般家庭でも気軽に質の高い家事代行を利用できる仕組みを作るという想いで「タスカジ」を立ち上げた。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中