ホーム > 掃除 > 洗濯槽の掃除頻度は?簡単にできる方法や掃除回数を減らすポイントを解説

洗濯槽の掃除頻度は?簡単にできる方法や掃除回数を減らすポイントを解説

洗濯槽には、一見キレイに見えても、汚れやホコリが蓄積しています。常にカビが繁殖しやすい環境なので、定期的に掃除をして清潔な状態をキープしましょう。本記事では、洗濯槽の掃除頻度や簡単にできる掃除方法、掃除頻度を減らすためのポイントについて解説します。

家事代行マッチングサービス「タスカジ」なら、1時間1,500円からリビングやキッチン、普段のお掃除が行き届かないお風呂やトイレなど水回りまで、家事のプロに依頼することができます。依頼の予約はWEBやアプリから手軽にできるため、ぜひお試しください。
家事代行を利用してみる

洗濯槽の掃除頻度は?

洗濯槽の掃除頻度は、洗濯機の使用状況などによって異なりますが、1ヵ月に1回程度が良いでしょう。洗濯槽の裏側は、洗剤の残りカスや水垢、ホコリ、カビが付着しています。定期的に掃除をしないことで、カビが発生しやすくなり、洗濯のたびに汚れが溜まって、カビの温床になるのです。洗濯槽がカビ臭くなり、洗ってすぐの衣類が臭ったり、衣類に黒カビが付着したりしてしまいます。特に、湿度や気温が高くなる梅雨から夏の時期は、カビが繁殖しやすいため、月2回のお掃除がおすすめです。

簡単にできる洗濯槽掃除

ここでは、家庭で簡単にできる洗濯槽の掃除方法を紹介します。

まず、洗濯槽の掃除に必要なアイテムを揃えましょう。

  • 酸素系漂白剤(粉タイプ)
  • ごみすくいネット(または針金ハンガーと古ストッキング)

酸素系漂白剤は、過酸化ナトリウムまたは過酸化水素を主原料とした漂白剤です。強い発泡力があり、こびりついたカビを剥がしながら落とします。ごみすくいネットがなければ、針金ハンガーと古ストッキングで代用が可能です。針金ハンガーに古ストッキングをかぶせて、洗濯槽に浮いてきた汚れをすくい取ります。掃除の前に作っておきましょう。

Step1:洗濯機が満水になるまでお湯を入れる

40~50℃のお湯を洗濯機が満水になるまで注ぎます。正確な温度でなくても構いません。5分程度回し、お湯の力で汚れを柔らかくふやかして、洗剤が効きやすい状態にします。

Step2:酸素系漂白剤を投入後つけ置きする

酸素系漂白剤を洗濯槽に投入すると、シュワシュワと音を立てながら発泡します。10分ほど洗濯機を回し、そのまま、2〜3時間程度つけ置きします。ここで排水してしまわないよう、注意しましょう。

Step3:10分ほど洗濯機を回す

つけ置きが終わったら、もう一度10分ほど洗濯機を回します。洗濯槽の裏側に付着していたカビや汚れが浮いてくるので、ごみすくいネットで除去しましょう。洗濯槽掃除の重要なパートなので、根気よく作業することが大切です。

Step4:脱水後に洗濯機を回す

汚れをすくった後、いったん脱水し、新たに洗濯機を回します。1回で汚れが落としきれず、汚れが浮いてきた場合は、洗いから脱水までを繰り返しましょう。汚れが出ないことを確認できれば完了です。

ただ、Step4を繰り返しても、汚れが出続けるケースも少なくありません。長年にわたって、洗濯槽の汚れを放置してしまったケースです。そういった場合は、クリーニング専門業者に、分解洗浄してもらう必要があります。分解洗浄をしない場合でも、業務用の特殊洗剤や専用道具で、キレイにしてもらうことが可能です。臭いや汚れがひどいのであれば、クリーニング専門業者へ依頼するのが効果的です。

洗濯槽の掃除頻度を減らすためのポイント

ここでは、洗濯槽の掃除頻度を減らすためのポイントを紹介します。

紹介するポイントは、以下の4点です。

  1. 洗剤や柔軟剤の適量を守る
  2. 洗濯機のフタを開けて乾燥させる
  3. 汚れた衣類を洗濯機の中に入れたままにしない
  4. 洗濯槽を月1回の掃除でキレイにする

1.洗剤や柔軟剤の適量を守る

洗剤や柔軟剤の適量を守ることが、掃除頻度を減らす重要なポイントの1つです。適量以上入れると、溶け残った分が汚れとして洗濯槽に付着してしまいます。洗剤や柔軟剤の適量を確認し、それを守ることで洗濯機をキレイな状態に保つことができ、結果として、掃除頻度を減らせます。

2.洗濯機のフタを開けて乾燥させる

洗濯機を使用していない時は、基本的にフタを開けておきましょう。洗濯後すぐにフタを閉めると、湿気がこもり、カビや雑菌が繁殖しやすくなります。なるべく風通しを良くし、洗濯槽を乾燥させることが大切です。ただ、小さな子どもやペットがいる家庭では、洗濯機に入ってしまうことが懸念されるため、十分な注意を払ってください。

3.汚れた衣類を洗濯機の中に入れたままにしない

脱いだ衣類などを洗濯機に直接入れ、長い時間そのままにするのは避けましょう。特に、汗を含んでいる場合、長時間濡れたままの状態では、他の衣類まで湿っぽくなります。その間にどんどん雑菌が繁殖してしまうのです。洗濯カゴを使用し、洗濯する直前に衣類を入れるようにしましょう。

4.洗濯槽を月1回の掃除でキレイにする

すでに紹介した通り、洗濯槽の掃除は月1回の頻度が最適です。毎日使用する洗濯機は、汚れが溜まりがちです。洗剤や柔軟剤の適量を守り、普段から洗濯槽を乾燥させ、使用後の衣類を洗濯カゴに入れた上で、月1回の洗濯槽掃除を行えば、それ以降は頻度を増やす必要がなくなります。

洗濯槽掃除を家事代行に依頼する際の注意点

これまで紹介してきた洗濯槽の掃除方法は、家事代行に依頼することができます。洗濯槽の掃除にかかる時間を有効に使いたいという方は、以下の注意点を確認しましょう。

  1. 洗濯槽の掃除に必要な道具類を確認して用意する
  2. 定期・スポット依頼のどちらかを決めておく
  3. 洗濯槽掃除以外の掃除も合わせて依頼する

なお、洗濯機の部品を外して内部を洗浄するなどの専門的なクリーニングは家事代行では対象外であることが多いです。専門業者に依頼するようにしましょう。

1.洗濯槽の掃除に必要な道具類を確認して用意する

洗濯槽の掃除に必要な洗剤の種類、その他の道具類について確認しましょう。酸素系漂白剤のケースを紹介しましたが、洗濯槽の掃除には、塩素系漂白剤や重曹といった別の洗剤を使うやり方もあります。基本的には、自宅にある洗剤を使いますが、もし新たに購入するのであれば、事前の打合せでどういった洗剤が良いか相談するのも良いでしょう。

2.定期・スポット依頼のどちらかを決めておく

家事代行の基本的なプランには、定期依頼とスポット依頼が設定されているケースが多いです。継続的に依頼する場合は、定期依頼となり、利用する曜日や時間を固定します。スポット依頼は、利用したい時だけ依頼する形態です。長い目でみると、不定期に何度か利用するよりも定期依頼の方が価格的にお得です。その点を考慮して、定期依頼とスポット依頼のどちらが利用しやすいのか、事前に決めておくと良いでしょう。

3.洗濯槽掃除以外の掃除も合わせて依頼する

家事代行では、日常の家事全般を依頼することができます。そのため、洗濯槽のつけ置きをしている時間を利用して、他の掃除も依頼すると効率的です。例えば、お風呂やトイレ、洗面所などが挙げられます。依頼したい内容を考えておきましょう。その上で事前の打合せをすると、良いアイデアを提案してくれる場合もあり、スムーズに話し合いが進みます。

掃除を家事代行に依頼するなら「タスカジ」へ

家事代行サービスで家事を定期的にアウトソーシングするなら、品質はもとより、できるだけ料金を抑えたいものです。リーズナブルな料金で依頼したい方へおすすめしたいのが、株式会社タスカジが運営する家事代行マッチングサービス「タスカジ」です。

家事代行サービスを提供する「タスカジさん(ハウスキーパー)」と家事代行を依頼したい個人とをマッチングさせるシステムになっています。手軽にリーズナブルな料金で利用できることから、近年大人気の家事代行サービスです。

1時間あたり1,500円から利用できる

1時間1,500円(税込)から3時間固定で利用ができます。業界最安値水準ともいえる家計に優しい料金です。さらに入会金・登録料も一切かかりません。 依頼できる家事は、掃除、整理収納、料理、作り置き、買い物、室内でのペットケア、保護者同席でのチャイルドケアなど、日常的な家事全般になります。

タスカジさんとの個人間契約なので、業界最安値水準ともいえる家計に優しい料金を実現させました。日常的な家事を網羅しているので、カバーしてほしい家事をリーズナブルな料金で利用できる点は、単発でも定期的な利用でも嬉しいポイントになるでしょう。

ハウスキーパーを事前に確認できる

レビューを見ることで、作業内容や品質に関する情報を確認することが可能です。タスカジのユーザーは、利用後48時間以内に感想をレビューとして投稿できます。タスカジさんが得意とする分野、仕事のクオリティが掲載されているので、自分のニーズに適した人を事前に確認できる点がメリットです。

また、タスカジさんは、デビューするまでに3段階のチェックを受けています。特に、レビュー件数が少ない新人さんを選ぶ場合は、テストモニター宅で受ける実践テストの講評が参考になります。モニターの講評は、初回のユーザーレビューとしてタスカジさんプロフィールページに記載されていますので、ぜひチェックしてみてください。

家事代行の依頼をネットで完結できる

家事代行を依頼する人を探し、予約から事前の打合せまでインターネット上で完結できます。最寄り駅を入力すると、依頼可能な「タスカジさん」のリストが表示されるので、気に入った人を選んで、直接オファーするシステムです。

契約が成立すれば、チャットでやり取りするので、作業内容の詳細な指示や進捗状況の確認などが容易になります。時間がない忙しい方にもおすすめです。

最後に

本記事では、洗濯槽の掃除頻度や簡単にできる掃除方法、掃除頻度を減らすためのポイント、家事代行に依頼する際の注意点について解説しました。洗濯槽の掃除は、長い時間が必要です。つい後回しにしがちでもあります。家事代行へ依頼し、その時間を趣味の時間や家族との時間など、自由に過ごしてみてはいかがでしょうか。時間的な余裕はもちろん、心のゆとりも得られることが、家事代行の魅力です。その際には、タスカジの家事代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

監修者 at 株式会社タスカジ | Website | + posts

株式会社タスカジの代表取締役。国内大手ITベンダーに入社。その後MBA(経営学修士)を取得。2013年に共働きの家庭における新しいライフスタイルを実現するため、起業。2014年に家事代行マッチングサービス「タスカジ」を開始し、2017年に日経BP社 日経DUAL「家事代行サービス企業ランキング」1位、「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018働き方改革サポート賞」を獲得。
多くの人が自分らしく生きる時間を増やせる社会を実現するため、一般家庭でも気軽に質の高い家事代行を利用できる仕組みを作るという想いで「タスカジ」を立ち上げた。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中