ホーム > 掃除 > 洗面所の鏡はこまめに掃除をするのが大切!しつこい汚れはどう落とす?

洗面所の鏡はこまめに掃除をするのが大切!しつこい汚れはどう落とす?

洗面所の鏡はこまめに掃除をするのが大切!しつこい汚れはどう落とす?

洗面所の鏡が汚れていても「急いでいるからまた今度…」と、掃除を後回しにしていませんか?洗面所の鏡に残った汚れは比較的落としやすく、わずかな手間と時間できれいになるため、早めに対処しておきましょう。

今回は、洗面所の鏡をきれいにする手軽な掃除方法を紹介いたします。

洗面所の鏡がきれいだと、気分よく使えて身支度がはかどるなどメリットがいっぱいです。

洗面所の鏡にこびりつく汚れの正体

洗面所の鏡の気になる汚れの正体とは何なのか、詳しく見ていきましょう。

・ホコリ

鏡につく汚れの中で、最も多いのがホコリです。特に洗面所は、着替えをしたり髪をとかしたりするので、ホコリが舞いやすい環境と言えます。さらに、洗面所の近くにある浴室からの水蒸気で、ホコリが水分を含み、頑固な汚れになってしまうのです。

・皮脂や化粧品

ほとんどの方が洗面所で歯磨きや洗顔、メイク、整髪などを行います。その際、気を付けていても歯磨き粉や化粧品、石けん、整髪料などが鏡に付着してしまうことがあるでしょう。一つひとつはちょっとした汚れですが、放置しているとさまざまな成分の汚れが鏡にこびりついてしまうので、早めに落とすのが得策です。

・水垢

水道水には、ケイ素やカルシウムといったミネラル分が含まれています。鏡に水滴が付着すると、水は時間が経てば蒸発しますが、水に含まれるミネラルは残り、水垢となって鏡に付着してしまうのです。水垢は放置するとホコリや皮脂など他の汚れと混ざって落としにくくなるため、鏡が曇っているように感じたら早めに拭き掃除をしましょう。

洗面所の鏡についた汚れをきれいに掃除しよう

洗面所の鏡を掃除する前にチェックしておきたい注意点や、掃除の方法について解説していきます。

・掃除する前の注意点

一見簡単に落とせそうな鏡の汚れでも、意外と頑固で水拭きだけでは落とせないことがあります。汚れの成分によって、洗剤を使い分けて掃除を行いますが、洗剤には混ざりあうと有害なガスを発生させるものもあるので、事前に洗剤の使い方や使用上の注意をよく確認しておきましょう。

また、頑固な汚れを落とそうと強力な洗剤を使いがちですが、洗浄力の強い洗剤は、手肌を傷つける可能性があります。なるべくゴム手袋やマスク、ゴーグルなどを着用して掃除をするのがおすすめです。

・新聞紙を使う掃除方法

鏡がうっすら曇っている程度の軽い汚れなら、新聞紙を使った掃除がおすすめです。新聞紙をくしゃくしゃに丸めて水で濡らし、鏡を拭きます。全体をすみずみまで拭いたら、今度は乾いた状態の丸めた新聞紙で乾拭きをしましょう。

新聞紙に含まれているインクでガラスの表面に皮膜ができて、きれいな状態に仕上がります。

・皮脂や化粧品の汚れには重曹水

鏡に付着している汚れには、皮脂や化粧品などの油性成分も多く含まれています。油汚れは酸性なので、そういった汚れには、アルカリ性の洗剤が有効です。市販の弱アルカリ性のガラスクリーナーや重曹が効果的です。重曹を使用する場合は、まず、水100mlに対して、小さじ1杯を混ぜて、重曹水を作ります。それをスプレーボトルを使って、鏡に吹き付け、ティッシュやクロスで拭き取ればキレイに汚れが落とせるでしょう。

・水垢汚れにはクエン酸水

水垢の汚れを落とすのに有効なのがクエン酸です。水200mlに対してクエン酸小さじ1杯を混ぜたクエン酸水を、スプレーボトルを使って鏡に吹き付けて30分ほど放置します。ラップを貼り付けるのも効果的です。その後、やわらかい布を使って鏡を水拭きし、その後、乾拭きをして完了です。曇った鏡がピカピカになります。すでに水に溶かした状態の「クエン酸スプレー」として売っているものを使えば、より気軽に掃除ができるでしょう。

洗面所の鏡はこまめに掃除しましょう

鏡の汚れは、時間が経つほど頑固にこびりつき、落とすのが大変になります。洗面所の鏡は毎日使うものなので、「歯磨きのついでに鏡を拭く」など生活の中に掃除を組み込んでしまうとよいでしょう。汚れが軽度のうちであれば掃除も簡単なので、特別な洗剤を使用しなくても鏡をきれいにできます。

鏡の拭き掃除の基本は水拭きと乾拭きですが、毎日行うのは面倒に感じてしまうこともあるでしょう。そんなときは、吸水力が高く、汚れ落ちがよいマイクロファイバークロスを使えば、二度拭き不要で楽に掃除ができます。

まとめ

今回は、洗面所の鏡についた汚れや掃除の方法についてご紹介しました。

日々目にするものは、いつでもピカピカにしておきたいのに、いつの間にか曇っていたという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。汚れたまま放置していると、どんどん汚れが落ちにくくなってしまいます。鏡の掃除はむやみに力を入れすぎると、鏡に傷が入ることで、内部に水が入ってシミになったりするので注意が必要です。

細かな部分の掃除まで手が回らないときには、定期的な家事代行サービスの利用をご検討ください。洗面所の鏡だけでなく水回りが常にキレイだととても気持ちよく毎日を過ごすことができます。家事代行マッチングサービスの「タスカジ」は、掃除を得意としているタスカジさん(ハウスキーパー)が多く所属していますので、ぜひ自分に合うタスカジさんを探してみていただければと思います。。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中