ホーム > 家事代行 > 家事が苦手な理由や克服するためのポイントとは?快適に暮らす5つの方法を紹介

家事が苦手な理由や克服するためのポイントとは?快適に暮らす5つの方法を紹介

家事に苦手意識があり、料理や掃除などやりたくないけど何とかしなければと悩んでいる人は多いでしょう。なぜ苦手だと感じてしまうのかは、人それぞれです。この記事では、家事が苦手な理由や克服するためのポイント、最小限の家事で快適に暮らす方法をご紹介します。

家事代行マッチングサービス「タスカジ」なら、1時間1,500円から掃除、整理収納、料理、作り置きなど家事全般のご依頼が可能です。アプリやウェブサイトから依頼の予約〜変更まで全て完結。登録は無料!必要な時にご利用いただけます。
家事代行を利用してみる

家事が苦手な人は案外多い?

「苦手な家事がひとつもない」という方は極めて少数派で、誰でも得意な家事もしくは苦手な家事があるでしょう。昨今のコロナ禍によって、苦手な家事に対して、さらに負担を感じている方が多いことは、容易に想像できます。

コロナ禍によって家事の負担が増えている

タスカジがおこなった「2020年12月家事の状況・イエナカ時間」の調査によると、コロナ感染拡大前の日常と比べて、「家事負担は大きくなった」と回答した人は約6割近くになりました。特に負担が大きい家事は「料理」(47.3%)に回答が集中し、「昼食の準備」や「一日3食」と料理回数が増えたこと、それにともない買い物や洗い物が増えたことによります。

<家事負担の度合い>

株式会社タスカジ「2020年12月家事の状況・イエナカ時間についての実態調査」

家事の負担を解消することは難しい

同調査によると、負担となっている家事の解消方法は、以下のようになっています。

<家事負担の解消方法>

※「タスカジ」ユーザー243名を対象とした調査です。

家事の負担をどのように解消しているかについては、35.0%の人が「解消できていない」と回答しており、家事の負担や苦手意識を克服する難しさがあるといえます。続いて、なぜ家事を苦手に感じてしまうのか、その理由について考えていきましょう。

株式会社タスカジ「2020年12月家事の状況・イエナカ時間についての実態調査」

家事を苦手に感じる理由は主に4つ

苦手な家事をやらなければならず、気が重くなるという経験は、多くの人に覚えがあるでしょう。では、なぜ苦手だと感じてしまうのでしょうか。

家事を苦手に感じてしまう主な理由は、以下の通りです。

  1. やり方が分からない
  2. 「ここまでやれば終了」というゴールが決まっていない
  3. 完璧にしなければならないとプレッシャーがある
  4. 頑張っても正当に評価されない

1.やり方が分からない

家事が苦手な方のなかには、「家事の正しいやり方」が分からないと思っているかもしれません。今まで家事をしたことがなくて、1人暮らしや結婚を機に、掃除、洗濯、料理などの家事を始めると、分からないことだらけです。やり方が分かっていないと、この方法でよいのか不安や戸惑いが強くなり、家事への苦手意識が強くなってしまいます。

2.「ここまでやれば終了」というゴールが決まっていない

家事は、洗濯が終わったら次は掃除、それが終わったら買い物に行って食事の支度と、次々とこなさなければいけません。そのため、なかなか終わりが見えない家事に苦手意識を持ってしまう方は少なくありません。

特に小さな子どもがいると、思ったように家事を進められない日もよくあるでしょう。このように、次々とやるべき家事が舞い込んでしまい、その終わりが見えないことは精神的にも苦しいものです。

3.完璧にしなければならないとプレッシャーがある

いくつもの家事を完璧にしなければならないとプレッシャーを感じてしまい、「自分がやるべき」「女性がするもの」など強く思い込んでしまうこともあります。

家事を完璧にこなしたいという思いから、それほど重点を置かなくていい家事にまで力を入れすぎてしまうのです。また、手を抜くことや人に頼ることが苦手で、一つひとつの家事に、時間をかけすぎてしまうこともあるでしょう。

4.頑張っても正当に評価されない

家事は、頑張っても評価されないからモチベーションが保てないということもあります。家事は無償ですし、頑張ったとしても仕事のように出世するわけでもありません。

周囲からの評価が得にくいうえに、「やれて当然」と言われることがあれば心が折れてしまいます。家事を頑張っていることへの評価や感謝がないことで、やりがいを感じられなくなってしまうのです。

家事の苦手意識を克服するためのポイント

ここまで、家事を苦手に感じてしまう理由について解説しました。できるだけ苦手を克服して、楽しくこなしていきたいものです。そこで続いては、家事の苦手意識を克服するためのポイントをご紹介します。無理せず克服していきましょう。

ご紹介するポイントは、以下の4点です。

  1. 完璧にしようと頑張りすぎない
  2. 今すぐやらなくていい家事は後回し
  3. 家事を始める前にリラックス
  4. 自宅に友人や家族を招く

1.完璧にしようと頑張りすぎない

頑張りすぎる方は、まず「完璧にしなければいけない」という考え方を見直してみましょう。そもそも、完璧に家事をこなす必要はありません。「こうすべき」「しなければならない」などの思い込みから、自分を解放することが大切です。そう思うと、気持ちが楽になります。

「一日に片付けようと思う家事の半分でもいい」と、心のハードルを下げることから始めてみて下さい。もし、時間が足りなくなったり、上手くできなくなってきたら、頑張りすぎているサインかもしれません。そんな日は切り上げてしまうのも1つの考えです。

2.今すぐやらなくていい家事は後回し

家事に優先順位をつけ、今すぐやらなくてもいい家事は後回しにしましょう。今やること・やらなくていいことを仕分けし、どのくらいの時間がかかるのか書き出してみると効率的です。後回しにした家事は、時間的にも精神的にも余裕があるときに、1つずつこなしていけば大丈夫です。

後回しにすることで時間ができても、追加の家事をしなくても構いません。空いた時間を自分の時間に当てて、気分転換をしても良いでしょう。

3.家事を始める前にリラックス

朝食の支度前や帰宅後は、家事を始める前に意識的にリラックスする時間を作りましょう。早くやらなければと焦って、イライラしてしまうこともあるからです。イライラしたままでは、家事がはかどりません。余計に気が滅入ってしまいます。一杯のお茶、深呼吸、音楽を聴くなど、自分に合ったリラックス法を試してみてください。

4.自宅に友人や家族を招く

どうしても家事をする気になれないというときは、自宅に友人や家族を招くのもよいです。人を招くとなれば、当然ながら掃除などおもてなしに必要な家事をしなければいけません。

部屋だけでなく、玄関やトイレの掃除に加えて、花を飾ったりインテリアを工夫することで、その後も快適な空間になります。ただし、自宅に人を招くことに前向きになれない方には逆効果になるかもしれません。

最小限の家事で快適に暮らす5つの方法

家事が苦手な方は、できるだけ家事に費やす時間を最小限にすることで、溜めがちなストレスを軽減しましょう。ここでは、最小限の家事で快適に暮らす方法をご紹介します。

家事を最小限にする方法は、以下の5つです。

  1. 家事を極力やらない日を作ってみる
  2. 家族に協力してもらう
  3. ネットスーパーや食材のサブスクを活用する
  4. 便利な家電を活用する
  5. 家事代行サービスに依頼する

1.家事を極力やらない日を作ってみる

たまには、家事を極力やらない日を作ってみましょう。苦手な家事に追われる生活は、つい自分の心や体のことを後回しにしてしまいます。家事をしない日は、家事以外のことなら何をしてもいい日という意味合いがあり、普段できないことをする日です。しっかりと、心身のリフレッシュをしましょう。

2.家族に協力してもらう

苦手な家事ほど、1人で抱え込まずに、家族に協力してもらうことも大切です。家族それぞれが自分でできることは自分でしてもらい、トイレットペーパーの補充や脱ぎっぱなしの衣類の片づけといった名もなき家事の数々をお願いしましょう。家族で話し合い、何に協力してほしいのか、具体的な家事の内容を共有することで、家事の負担が大幅に軽減することもあります。

3.ネットスーパーや食材の宅配を活用する

買い物は、ネットスーパーや食材の宅配を活用する方法がおすすめです。買い物は意外と面倒なことが多く、出かける前から献立を考え、外出するための準備をしなければなりません。さらに、お米のような重い荷物を購入する場合や小さな子どもを連れての買い物も大変でしょう。

ネットスーパーや食材の宅配では、1週間分の食材や日用品を購入でき、配達料も一定金額以上購入すれば無料になるところが多いです。スマホやパソコンで簡単に注文できるので、面倒な準備や時間の節約になります。

4.便利な家電を活用する

便利な家電を活用するのも、家事の負担を軽減するためのよい方法です。食器洗い乾燥機やロボット掃除機、洗濯乾燥機といった「新・三種の神器」が、家事を楽にする便利家電として注目を集めています。また、自動調理鍋を使えば、材料や調味料を投入するだけで料理が完成します。

これらの家電は、出勤前にセットしておくことで、帰宅後にするはずの家事のほとんどが完了します。苦手な家事や時間がかかってしまう家事については、家電などで負担を減らす工夫をすると良いでしょう。

5.家事代行サービスを利用する

家事のすべてを1人で抱え込む必要はありません。苦手な家事をプロに任せてみてはいかがでしょうか。家事代行サービスは、家事全般を依頼でき、必要な家事だけ選んでお願いすることもできます。月に数回の利用で、家事へのストレスを解消できるでしょう。

苦手な家事を家事代行に依頼するなら「タスカジ」へ

家事代行サービスを定期的にアウトソーシングするなら、品質はもとより、できるだけ料金を抑えたいものです。リーズナブルな料金で依頼したい方へおすすめしたいのが、株式会社タスカジが運営する家事代行マッチングサービス「タスカジ」です。

家事代行サービスを提供する「タスカジさん(ハウスキーパー)」と家事代行を依頼したい個人とをマッチングさせるシステムになっています。手軽にリーズナブルな料金で利用できることから、近年大人気の家事代行サービスです。

家事のプロに依頼できる

タスカジでは、さまざまな分野の家事のプロに依頼することが可能です。「タスカジさん」は、どの家事にもオールマイティに対応できる人もいれば、栄養士や整理収納アドバイザーなどの資格保持者、前職がレストランのシェフなど、さまざまな家事のプロが在籍しています。

家事を依頼するだけでなく、「タスカジさん」から効率の良い家事の進め方のアドバイスをもらうことで、家事のスキルアップが望めるでしょう。

有資格者による家事代行も可能

栄養士や整理収納アドバイザーなどの資格をもったタスカジさんもいるため、栄養バランスのとれた料理を作ってもらいたい方や整理整頓のアドバイスを受けたい方にもおすすめです。オプション料金ではなく、利用料金に含まれるサービスになります。

1時間あたり1,500円から利用できる

1時間1,500円(税込)から最短3時間での利用ができます。業界最安値水準ともいえる家計に優しい料金です。さらに入会金・登録料も一切かかりません。 依頼できる家事は、掃除、整理収納、料理、作り置き、買い物、室内でのペットケア、保護者同席でのチャイルドケアなど、日常的な家事全般になります。

タスカジさんとの個人間契約なので、業界最安値水準ともいえる家計に優しい料金を実現させました。日常的な家事を網羅しているので、カバーしてほしい家事をリーズナブルな料金で利用できる点は、単発でも定期的な利用でも嬉しいポイントになるでしょう。

最後に

家事は、1人で完璧にしようと思わないことが大切です。家事に追われて、疲れきってしまうと、楽しく過ごすことが難しくなってしまうでしょう。家事代行サービスは、苦手な家事の手助けになることはもちろん、タスカジさんのやり方を見て学び、苦手な家事ができるようにもなります。楽しみながら家事ができるよう、環境を整えてみてはいかがでしょうか。

監修者 at 株式会社タスカジ | Website | + posts

株式会社タスカジの代表取締役。国内大手ITベンダーに入社。その後MBA(経営学修士)を取得。2013年に共働きの家庭における新しいライフスタイルを実現するため、起業。2014年に家事代行マッチングサービス「タスカジ」を開始し、2017年に日経BP社 日経DUAL「家事代行サービス企業ランキング」1位、「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018働き方改革サポート賞」を獲得。
多くの人が自分らしく生きる時間を増やせる社会を実現するため、一般家庭でも気軽に質の高い家事代行を利用できる仕組みを作るという想いで「タスカジ」を立ち上げた。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中