ホーム > 家事代行 > 家事代行の依頼時に起こりうるトラブルとは|事前対策7選や対処法も合わせて解説

家事代行の依頼時に起こりうるトラブルとは|事前対策7選や対処法も合わせて解説

家事代行を依頼するなら、できるだけトラブルは回避したいものです。そのためには、起こりがちなトラブルと対策を知っておくと、安心して利用できるでしょう。この記事では、家事代行の依頼時に起こりうるトラブルにはどのようなものがあるのか、その事前対策7選や対処法も合わせて解説します。

家事代行マッチングサービス「タスカジ」なら、1時間1,500円から掃除、整理収納、料理、作り置きなど家事全般のご依頼が可能です。アプリやウェブサイトから依頼の予約〜変更まで全て完結。登録は無料!必要な時にご利用いただけます。
家事代行を利用してみる

家事代行で起こりがちなトラブルの詳細

家事代行を依頼したときに起こりがちなトラブルについて、詳しく解説します。

主なトラブルは以下の5つです。

  1. 料金に関するトラブル
  2. 物品の紛失・盗難
  3. 家具・物品の破損
  4. 作業内容に関するトラブル
  5. スタッフとのトラブル

1.料金に関するトラブル

家事代行サービス依頼時に、最も多いトラブルは料金についてのトラブルです。家事代行サービスによって、その内容は異なりますが、主に通常の依頼料金とそれ以外で発生する追加料金に関するトラブルが多く挙げられます。ここでは、基本料金と追加料金に分けて解説します。

基本料金

基本料金は、家事代行サービス会社によって異なります。1時間あたりの価格で表示されていることが多いです。ここで注意したいのが、最低利用時間です。2時間あるいは3時間に設定されているところがほとんどであるため、実際に利用した際にトータルの料金を見ると高く感じるという声も見受けられます。

追加料金

追加料金が発生すると、思っていたよりも高いと感じ、トラブルになりがちです。

追加料金には、以下の項目が挙げられます。

  • スタッフの交通費
  • スタッフの指名料
  • 延長料金
  • 鍵の預かり金
  • キャンセル料
  • 各種料金が税抜き表示の場合は消費税

追加料金で利用ごとに発生するのはスタッフの交通費です。この交通費に関しては、基本料金に含まれるケースとそうでないケースがあります。基本料金に含まれないケースでは、どのスタッフも同一料金、あるいは公共交通機関の実費など、家事代行サービス会社によって異なるので注意が必要です。

2.物品の紛失・盗難

家事代行サービス依頼時に、物を紛失されるといったトラブルを心配する方もいるかと思います。。よく知らない人を自宅に入れなければなりませんし、ましてや不在時に依頼することもあるので、紛失や盗難のリスクを心配するのは無理もありません。スタッフが別の置き場所に片付けてしまった可能性もありますし、また、物の量が多く汚れが多い部屋だとゴミと一緒に誤って捨ててしまわれる可能性もあります。

3.家具・物品の破損

スタッフが、自宅の家具や物品を壊してしまうというトラブルも起こり得ます。故意ではないとしても、うっかりということはあるでしょう。家具や床を傷つけたり食器が割れたりといったものから、掃除機や洗濯機などの家電が経年劣化などで壊れてしまうこともあります。

4.作業内容に関するトラブル

作業内容に関するトラブルは、思うような仕上がりでないことや、時間内に作業を完了できないという場合に起こります。原因としては、スタッフの技術や経験が不足しているというよりは、単に時間が足りなかったケースが多いです。利用者が求める仕上がりのクオリティーが正確に伝わっていない、作業の優先順位を伝えていなかったことが根本にあるようです。

5.スタッフとのトラブル

料金を払って依頼するので、気持ちよく家事の一端をお任せしたいものです。しかしながら、スタッフとの相性が合わないこともトラブルに発展することがあります。相性が合わないと、作業内容を伝えるだけでもストレスを感じ、コミュニケーションが取りづらくなってしまうでしょう。このコミュニケーション不足が、トラブルを生み出してしまうのです。

家事代行でのトラブルを防ぐための事前対策7選

ここまで、家事代行を依頼したときに起こりがちなトラブルをご紹介しました。トラブルを未然に防ぐためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。ここでは、トラブルを防ぐために必須となる事前対策7選を解説します。

事前対策は、以下の7つです。

  1. 料金プランや必要な費用を確認する
  2. 作業内容の優先順位を伝える
  3. 自宅での注意事項について合意しておく
  4. 貴重品の管理を徹底する
  5. 損害賠償保険の有無や適用範囲を確認する
  6. 作業に必要な道具類を揃える
  7. 単発(スポット)利用で試してみる

1.料金プランや必要な費用を確認する

まず、依頼したいサービス内容の料金プラン内訳や基本料金、追加料金の発生条件、キャンセル料など必要な費用について確認しておきましょう。案外見落としやすいのが、入会費や年会費です。料金に関するトラブルを防ぐためには、これらの料金が分かりやすく表示されている会社を選ぶことが重要になります。

2.作業内容の優先順位を伝える

作業内容の優先順位を明確に伝えることで、作業内容に関するトラブルを防ぐことにつながります。優先順位をつけるためには、重点的にやって欲しいことや何をどの程度のクオリティに仕上げるのかを、できる限り詳細に指示できるよう準備しましょう。スタッフが作業しやすいように依頼内容を伝えることも重要なポイントです。

3.自宅での注意事項について合意しておく

スタッフに作業する際の注意事項を伝え、合意しておくことも重要です。例えば、立ち入って欲しくない部屋や触れられたくない家具や物品を伝えることで、破損や紛失などのトラブルが発生するリスクを抑えられます。料理に関しても、アレルギー食材や食べられない食材、味付けの指定を伝えておくと安心です。

4.貴重品の管理を徹底する

高価な物や現金などの貴重品は1ヶ所にまとめ、鍵のかかる部屋や金庫に入れておくことをおすすめします。また、家事代行サービス会社やスタッフの承諾を得たうえで、防犯カメラの設置も有効です。盗難行為を抑止でき、万一盗難が起きたときの証拠を残すこともできます。お互いに気まずい思いをしないためにも、マナーのひとつとして貴重品の管理を徹底しましょう。

5.損害賠償保険の有無や適用範囲を確認する

スタッフによる紛失や破損もしくはケガを負わされたなどのトラブルが発生した場合のために、家事代行サービス会社の多くは、損害賠償保険に加入しています。契約の際に、損害賠償保険に加入しているかどうか、どのような場合に適用されるのかなどを確認しましょう。そういった場合の連絡先を含めた対応方法も合わせて確認しておくと安心です。

6.作業に必要な道具類をそろえる

利用者の要望通りの仕上がりにするためには、必要な道具類を揃えておくことも重要です。家事代行は、基本的に自宅にある道具類を使います。掃除や料理、洗濯に関する道具、洗剤、調味料、保存容器などを揃えておきましょう。適切な道具類が揃っていることで、仕上がりのクオリティや作業効率のアップが期待できます。

7.単発(スポット)利用で試してみる

トラブルを防ぐためにも、単発(スポット)での利用で、スタッフの対応や作業の仕方を確認することをおすすめします。単発利用とは、曜日や時間を固定せず、1回だけ利用できるプランです。初めて家事代行サービスを利用する際は、単発利用を選択してから継続するかどうかを検討するとよいでしょう。

家事代行でトラブルが発生したときの対処法

トラブルを防ぐための事前対策をご紹介しましたが、利用者が対策していてもトラブルが発生する可能性はゼロではありません。ここでは、トラブルが発生したときの対処法について解説します。

まず家事代行会社へ連絡

トラブルが発生したら、まず家事代行サービス会社へ連絡しましょう。連絡のタイミングは、トラブル発生からできるだけ早くおこなうのがベストです。時間をおくとお互いに記憶があいまいになってしまうからです。連絡する際には、トラブルの発生日時と発生理由など詳細な内容を正確に伝えます。また、状況を写真におさめておくと、事実確認がスムーズです。

解決方法を話し合う

家事代行サービス会社へ連絡したら、スタッフと解決方法について話し合います。話し合いでは、スタッフに対して、どうして欲しいのか具体的な解決方法を提示することが重要です。損害賠償保険の適用になるのかどうかなど、適用条件を確認し、家事代行サービス会社へ申請する手続きを進めます。

信頼できるハウスキーパーに家事代行を依頼するなら「タスカジ」へ

家事代行サービスを定期的にアウトソーシングするなら、品質はもとより、できるだけ料金を抑えたいものです。リーズナブルな料金で依頼したい方へおすすめしたいのが、株式会社タスカジが運営する家事代行マッチングサービス「タスカジ」です。

家事代行サービスを提供する「タスカジさん(ハウスキーパー)」と家事代行を依頼したい個人とをマッチングさせるシステムになっています。1時間1,500円(税込)のリーズナブルな料金で手軽に利用できることから、近年大人気の家事代行サービスです。

シェアリングエコノミー認証を取得している

タスカジは、シェアリングエコノミー認証を取得しています。この認証制度は、安全性・信頼性のあるサービスであることの証明として、シェアリングエコノミー協会が認証する制度です。登録事項・トラブル防止・情報セキュリティなど6つの分野の基準を満たしているため、初めてタスカジを利用する方も安心してサービスを受けることができます。

ハウスキーパーを事前に確認できる

レビューを見ることで、作業内容や品質に関する情報を確認することが可能です。タスカジのユーザーは、利用後48時間以内に感想をレビューとして投稿できます。タスカジさんが得意とする分野、仕事のクオリティが掲載されているので、自分のニーズに適した人を事前に確認できる点がメリットです。

また、タスカジさんは、デビューするまでに3段階のチェックを受けています。特に、レビュー件数が少ない新人さんを選ぶ場合は、テストモニター宅で受ける実践テストの講評が参考になります。モニターの講評は、初回のユーザーレビューとしてタスカジさんプロフィールページに記載されていますので、ぜひチェックしてみてください。

タスカジさんの過失による破損などは損害賠償保険で対応

タスカジさんが作業中に物品を破損させたり、人にけが(食中毒も含む)をさせたりした場合に、対物1,000万円、対人1億円を上限として補償されます。

通常のマッチング型では、個人間の契約のため、破損などトラブルは個人間で解決するのが原則です。しかし、タスカジさん個人で負うには高額で補償が困難となるケースも想定して、タスカジ事務局が損害賠償保険に加入しています。利用者もタスカジさんにとっても安心の対応です。

最後に

この記事では、家事代行の依頼時に起こりうるトラブルについて解説してきました。実際には、サービスを利用している多くの方にトラブルがないのも事実です。万一に備えて、ありがちなトラブルと事前の対策、トラブルになった際の対処法を知っておくと、より安心して利用できるでしょう。タスカジでは、さまざまな安心安全の取り組みを行っています。初めて家事代行サービスを利用する方は、ぜひタスカジの登録を検討してみてはいかがでしょうか。

監修者 at 株式会社タスカジ | Website | + posts

株式会社タスカジの代表取締役。国内大手ITベンダーに入社。その後MBA(経営学修士)を取得。2013年に共働きの家庭における新しいライフスタイルを実現するため、起業。2014年に家事代行マッチングサービス「タスカジ」を開始し、2017年に日経BP社 日経DUAL「家事代行サービス企業ランキング」1位、「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018働き方改革サポート賞」を獲得。
多くの人が自分らしく生きる時間を増やせる社会を実現するため、一般家庭でも気軽に質の高い家事代行を利用できる仕組みを作るという想いで「タスカジ」を立ち上げた。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中