ホーム > 家事代行 > 家事代行における料理とは?おいしく作ってもらうコツや選ぶポイント

家事代行における料理とは?おいしく作ってもらうコツや選ぶポイント

共働きや子育て世帯を中心に、料理を家事代行にお願いする人が増えています。おいしい料理を作ってもらえるのか、料理を作る技術や味はどうなのか、気になるものです。本記事では、料理を家事代行で使えるシーンやおいしく作ってもらうコツ、家事代行を選ぶポイントについて解説します。

毎日の料理作りに悩む人は多い?

コロナ禍で外食の機会が減り、テレワークの割合が増えたことで、家で家族と食事をする回数が増えたという人は多いようです。タスカジでは、2020年12月、自社サービスのユーザーを対象に「家事の状況・イエナカ時間についての実態調査」を実施しました。

調査の結果、特に負担に感じる家事は、「料理」と回答する人が47.3%と最も多くなっています。

料理に負担を感じる理由は、以下の通りです。

  • 1日3食分の献立を考えること
  • 昼食やお弁当作り
  • 大人用と子供用の献立を別に考えること
  • 買い出しや洗い物の負担が増えた

コロナ禍で、イエナカ時間の増加をきっかけとして、自宅での料理作りが負担となり、ストレスを抱える人が多くなっていると推測される結果となりました。

料理の負担を解消するため、多くの方が実践している方法には以下のようなものがあります。

  • 冷凍キット、ミールキット、惣菜宅配の活用
  • ネットスーパーを利用する
  • テイクアウトを利用する
  • レシピサイトの閲覧
  • 家事代行を利用する

これらの方法により、食材の準備や料理の負担を減らすため、様々な工夫をされていることがわかります。ただ、手軽さを考慮しながらも、料理の手作りや栄養バランス、おいしさなど、家族の健康につながる部分は、しっかりと重視していきたいという方も多いのではないのでしょうか。

詳細:「家事の状況・イエナカ時間についての実態調査」

料理を家事代行に依頼すると便利なシーン

料理を家事代行に依頼すると便利なシーンには、次のようなものがあります。

  1. 夕食のおかずやお弁当の具材を作り置き
  2. 手作りの離乳食
  3. ホームパーティーや誕生日などの食事
  4. ダイエット中の献立と調理
  5. 食材や調味料などの買い物

どのような時に依頼すればいいのか知りたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.夕食のおかずやお弁当の具材を作り置き

数日分の料理を作り置きしてもらうことができるため、夕食やお弁当の具材としても活用できます。冷蔵・冷凍用にそれぞれ保存しておくと、温めるだけで手軽に手作りの料理を楽しめます。料理を作る時間がない人はもちろん、栄養バランスが気になる人や手作りにこだわりたいという人にも最適です。

2.手作りの離乳食

赤ちゃんの離乳食に対応している家事代行も多いです。赤ちゃんの離乳食は、手間がかかっても、手作りにしたいと考える人も少なくありません。家事代行には、栄養士の資格をもつ人が在籍しているケースもあり、食べやすい固さや量など、発育に応じた離乳食を作ってくれます。家族の食事も合わせてお願いすると、料理の負担を大きく軽減できるでしょう。

3.ホームパーティーや誕生日などの食事

ホームパーティーや誕生日会といった、イベント用の料理もお願いすることができます。大勢の料理を作るのは、普段の料理よりもかなり大変です。そんな時は、家事代行に依頼してみるのはいかがでしょうか。事前に集まりの趣旨、参加人数や年齢などを伝えておくと、より要望に近い料理に仕上げてくれるので、ぜひ事前に相談してみてください。。

4.ダイエット食の献立と調理

無理な食事制限でリバウンドを繰り返してしまう人には、高タンパク質・低カロリー、適切な糖質制限など、ダイエットに対応した献立作成と調理を相談してみるのもよいでしょう。メイン料理から副菜、スープなどをヘルシーなメニューで作ってもらえれば、リバウンドも回避できるかもしれません。低カロリーのスイーツを要望してみてもいいかもしれません。ただ、一口にダイエット食と言っても、いろいろな考え方がありますので、事前によく要望を伝えておくことがポイントです。

5.食材や調味料などの買い物

家事代行によってサービス内容は異なりますが、料理を家事代行で依頼する際に、料理に必要な食材や調味料の買い物も合わせてお願いできることが多いです。仕事や家事、育児などで「食材などの買い出しが難しい」という場合に便利です。家事代行に依頼すれば、買い物にかかる手間を省けるのがメリットの1つといえるでしょう。

料理代行でおいしい料理を作ってもらうコツ

依頼した料理がおいしくなかったと、残念な結果にならないためには、事前の対策が必要です。ここでは、家事代行でおいしい料理を作ってもらうためのコツをご紹介します。

おいしく作ってもらうコツは、以下の3つです。

  1. 事前に料理のレパートリーを確認する
  2. 実際に依頼した人のレビューを参考にする
  3. 好みの味や苦手な食材など要望を伝える

1.事前に料理のレパートリーを確認する

依頼する際に、料理のレパートリーを確認しましょう。料理のプロといっても、多種多様なジャンルの料理に対応できる人もいれば、特定のジャンルに卓越した技術をもっている人もいます。また、大人向けの料理は得意だけど、離乳食は不得意という場合もあるでしょう。料理のレパートリーを事前に確認しておくと、おいしい料理を作ってもらうことにつながります。

2.実際に依頼した人のレビューを参考にする

依頼する前に、レビューを参考にするのもおすすめです。家事代行の公式サイトには、実際に依頼した人の評価やコメントが書かれたレビューが掲載されていることもあります。あらかじめ確認しておくことで、「誰の、どのような料理がおいしかったか」がわかり、料理のスキルもある程度判断できるでしょう。

3.好みの味や苦手な食材など要望を伝える

好みの味をリクエストしておくと、間違いなくおいしく感じられるでしょう。同じメニューでも、調味料の配合が代われば、味はガラリと変わってしまいます。やはり、薄味・濃い味といった味の好みをしっかり伝えることは重要です。ただ、苦手な食材が入っていると、おいしさが半減してしまうため、好みの味と合わせて、苦手な食材も必ず伝えましょう。

料理を依頼する家事代行を選ぶポイント

料理を家事代行に依頼するときには、納得できる業者を選ぶことが重要です。ここでは、料理を依頼する家事代行を選ぶポイントをご紹介します。

ポイントは以下の5点です。

  1. 依頼時間に何品作ってもらえるか
  2. 幅広いジャンルに対応できるか
  3. 栄養士や調理師の資格を持った人がいるか
  4. 家族構成や年齢に合わせて対応してくれるか
  5. 損害賠償保険に加入しているか

1.依頼時間に何品作ってもらえるか

1回に依頼できる時間は、家事代行により違いがありますが、2時間もしくは3時間に設定されていることが多いです。その時間内に、何品の料理を作ってもらえるのかで選ぶのも大切なポイントです。

品数は、料理をする人によっても、レシピや調理道具によっても左右されやすいですが、3時間であれば10品ほどが目安になります。数日分の夕食をカバーできる量です。家事代行の公式ホームページには、作り置きの事例などを確認してみましょう。

2.幅広いジャンルに対応できるか

和食や洋食、中華、エスニックなど幅広いジャンルに対応できるかも重視したいポイントです。家族の食事以外にも、パーティーや誕生日会では、幅広いジャンルの料理をリクエストしたいと考える人も多いでしょう。

自分が作れない料理、お店で食べるような料理などの依頼に応えてもらうためには、幅広いジャンルの料理に対応できる家事代行を選ぶべきといえます。

3.栄養士や調理師の資格を持った人がいるか

栄養バランスや摂取カロリーが気になる場合は、栄養士や調理師の資格をもつ人が在籍する家事代行を選ぶと良いでしょう。

栄養士とは、健康な人を対象に栄養指導・食事の管理、献立作成など行なうことができる資格です。また、調理師は、栄養バランスや調理法、さらに衛生学などの知識があります。どちらの資格も、料理に関して専門知識があるため、安心してお任せできます。

4.家族構成や年齢に合わせて対応してくれるか

乳児や幼児、高齢者がいる家庭では、家族構成や年齢に合わせて対応してくれるかどうかも重要になるでしょう。赤ちゃんの離乳食や幼児食、高齢者向けの料理は、食材選びから食べやすい硬さや味付けまで、他の家族とは異なる点があります。

家族構成によって料理を分けて作るのは、品数も増え、手間がかかるものです。この手間を軽減するためには、家族構成や年齢に合わせて、細やかに対応してくれる家族代行を選ぶ必要があります。

5.損害賠償保険に加入しているか

料理を依頼する家事代行が、損害賠償保険に加入しているかを確認しましょう。多くの家事代行は、万一の事故(例えば、食中毒や物損)に備えて損害賠償保険に加入しています。補償があることで、安心して依頼できるでしょう。ただ、全ての家事代行が加入しているわけではないので、損害倍償保険の有無や適用範囲、補償額などを事前に確認することが大切です。

料理を家事代行に依頼するなら「タスカジ」へ

家事代行サービスで家事を定期的にアウトソーシングするなら、品質はもとより、できるだけ料金を抑えたいものです。リーズナブルな料金で依頼したい方へおすすめしたいのが、株式会社タスカジが運営する家事代行マッチングサービス「タスカジ」です。

家事代行サービスを提供する「タスカジさん(ハウスキーパー)」と家事代行を依頼したい個人とをマッチングさせるシステムになっています。手軽にリーズナブルな料金で利用できることから、近年大人気の家事代行サービスです。

家事のプロに依頼できる

タスカジでは、さまざまな分野の家事のプロに依頼することが可能です。「タスカジさん」は、どの家事にもオールマイティに対応できる人もいれば、栄養士や整理収納アドバイザーなどの資格保持者、前職がレストランのシェフなど、さまざまな家事のプロが在籍しています。

家事を依頼するだけでなく、「タスカジさん」から効率の良い家事の進め方のアドバイスをもらうことで、家事のスキルアップが望めるでしょう。

スタッフを自分で選べる

タスカジでは、予約時にタスカジさんのプロフィール、得意な家事、レビューなどを確認できます。そのうえで、気に入った人がいれば、個人間で契約を結んで家事代行を依頼する形式です。タスカジさんとの打合せや連絡はチャットでできるので、作業当日までにある程度の信頼関係を築くことも可能です。どのような人が来るのか不安という方にとっては、大きなメリットになるでしょう。

1時間あたり1,500円から利用できる

1時間1,500円(税込)から3時間固定で利用ができます。業界最安値水準ともいえる家計に優しい料金です。さらに入会金・登録料も一切かかりません。 依頼できる家事は、掃除、整理収納、料理、作り置き、買い物、室内でのペットケア、保護者同席でのチャイルドケアなど、日常的な家事全般になります。

タスカジさんとの個人間契約なので、業界最安値水準ともいえる家計に優しい料金を実現させました。日常的な家事を網羅しているので、カバーしてほしい家事をリーズナブルな料金で利用できる点は、単発でも定期的な利用でも嬉しいポイントになるでしょう。

最後に

本記事では、料理を家事代行で使えるシーンやおいしく作ってもらうコツ、家事代行を選ぶポイントについて解説しました。毎日の料理を負担に感じている人は少なくありません。「料理を作るのがしんどい」という人には、家事代行の利用がおすすめです。

依頼する際には、事前に料理のレパートリーやレビューを確認し、好みの味や苦手な食材など要望を伝えておくと、満足できる料理を作ってもらえるでしょう。「料理を作るのがしんどい」という方は、ぜひタスカジに依頼して、毎日の負担を減らしましょう。

監修者 at 株式会社タスカジ | Website | + posts

株式会社タスカジの代表取締役。国内大手ITベンダーに入社。その後MBA(経営学修士)を取得。2013年に共働きの家庭における新しいライフスタイルを実現するため、起業。2014年に家事代行マッチングサービス「タスカジ」を開始し、2017年に日経BP社 日経DUAL「家事代行サービス企業ランキング」1位、「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018働き方改革サポート賞」を獲得。
多くの人が自分らしく生きる時間を増やせる社会を実現するため、一般家庭でも気軽に質の高い家事代行を利用できる仕組みを作るという想いで「タスカジ」を立ち上げた。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中