ホーム > その他 > 子どもの好き嫌い、どう対応する?子どもが喜ぶご飯とは

子どもの好き嫌い、どう対応する?子どもが喜ぶご飯とは

子育てをしていると、多くの方がお子さんの好き嫌いで悩まれることかと思います。栄養のことを考えるとできれば好き嫌いなく食べてほしいですよね。どうすればお子さんが喜ぶ食事になるのでしょうか。今回はお子さんの好き嫌いについてご紹介いたします。

好き嫌いを直そうとする前に知っておきたいこと

子どもの好き嫌いを直すためには、好き嫌いの原因や理由について知っておくことが大切です。子どもが特定の食べ物や料理を食べなくなってしまう原因や理由はさまざまあります。

・偏食と好き嫌いの違い

偏食と好き嫌いは一概に同じとは言えません。偏食とは、たとえば魚や野菜がまったく食べられないなど、一部の食品を極端に嫌う傾向にあり、栄養面で偏りが出てしまう状態を言います。

一方で好き嫌いとは、特定の食材や料理が嫌いなだけであり、他の食材を使ったり調理方法を変えたりするなど、工夫次第で苦手意識を克服できる可能性があります。偏食はひどくなると子どもの成長にも影響が出るケースもあるので、必要に応じて専門家に相談した方がよいでしょう。

・本能によって拒否している可能性がある

子どもは大人よりも味に敏感です。偏食や好き嫌いをする子どもは、食べ物の色や味によって本能的に食べることを拒否している可能性があります。たとえば自然界においては、果物などは成熟する前が緑色で、食べ頃になると色のつくものがたくさん存在しています。緑色の食べ物を見て、本能で「これは食べられない」と脳が判断しているケースや、野菜の苦みや発酵食品などの酸味を、毒や腐っている状態だと認識しているという説もあります。

・好き嫌いは自我の芽生えなので成長の証でもある

幼い子どもが好き嫌いをするのは自我の芽生えでもあり、好き嫌いは口や舌の成長の証でもあります。食べるよりも遊びたい気持ちが強い、眠い、他のものが食べたいときなどは好き嫌いが激しくなることもあるでしょう。

また、集団生活からさまざまなことを学ぶ幼時期においては、他の家族に好き嫌いがあると真似をしてしまう傾向も見られます。

好き嫌いがある子どもへの食事の工夫

好き嫌いがある子どもに対しては食事の内容を工夫することで状況が改善できることも多いです。メニューを考えるときは以下の4つのポイントを意識し、子どもの食に対する意識やイメージを変えていくことが重要です。

・見た目を工夫する

子どもは料理の見た目を工夫するだけで、それまで嫌いだったものでも「食べたい」と感じるようになることがあります。野菜をハートや星の形にして見た目を可愛くしたり、キャラ弁のアイデアを活かして盛り付けたりするのもおすすめです。子どもの好き嫌いを大人が無理に直すのではなく、子どもが苦手なものに自ら興味を持つように工夫してあげるのがよいでしょう。

・「楽しく食べる」ことを優先

子どもが好き嫌いをするときは無理に食べさせようとするのではなく、「楽しく食べる」ことを優先させましょう。食事の時間はなるべく家族みんなで食卓を囲み、会話を楽しみながら笑顔で食事することを心がけましょう。「野菜は体を強くする栄養がいっぱいあるの。すごいね。」「みんなで食べると美味しいね。」など楽しい言葉かけをすることも有効です。

・一緒に育てる・作ることで意識が変わる

子どもが野菜が苦手な場合は、自宅で野菜を育ててみるのもおすすめです。自分が愛情をかけて育てた野菜を収穫して一緒に料理をすることで、苦手だったものにも興味がわく可能性もあります。苦手な子どもが多いピーマンやトマトなどは比較的育てやすいため、ぜひチェレンジしてみてください。

・味付けを工夫する

子どもが好き嫌いをするときは、子どもが好む味付けに工夫することも大切です。たとえば野菜が苦手な場合は、細かく刻んで他の具材に混ぜこんだり、カレーやハンバーグなど子どもが好きなメニューに入れたりするのもよいでしょう。

子どもの好き嫌いで気を付けたいこと

子どもの好き嫌いを直したいときは、気を付けるべきことがいくつかあります。苦手な食べ物やメニューに対して子どもがさらにネガティブな感情を持たないように注意が必要です。

・無理に食べさせることは避ける

子どもの好き嫌いを直したいからといって、無理に食べさせることは避けた方がよいでしょう。嫌いな食べ物をますます苦手に感じてしまう可能性があります。叱ったり無理強いしたりせずに、ポジティブな働きかけを心がけましょう。

・強い偏食傾向にある場合は感覚過敏の可能性がある

強い偏食傾向にある場合は、感覚過敏の可能性もあるかもしれません。好き嫌いではない場合もありますので、深刻な場合は小児科などで一度相談してみるとよいでしょう。

・まずは子どもの気持ちを受け止める

子どもの好き嫌いは親としては心配ですが、まずは子どもの気持ちを受け止めることが大切です。好き嫌いを否定すると嫌な思い出になる恐れもあるので、まずは子どもの好き嫌いの理由を聞いてあげるとよいでしょう。

・一口でも食べられたら褒める

子どもが嫌いなものを一口でも食べられたら褒めることも重要です。「食べられたね!」「頑張ったね!」と褒めて少しずつでも食べさせることで、その味に慣れて好みが変わる可能性もあります。褒められることで子どもは達成感を得られるうえ、心の成長にもつながります。

まとめ

家庭で子どもの好き嫌いを解決するのが難しい場合は、タスカジの家事代行を利用するのがおすすめです。タスカジの家事代行では、好き嫌いがある子どもも喜ぶ料理のメニューを考えてくれます。ぜひ一度タスカジの家事代行を利用してみてはいかがでしょうか。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中