ホーム > 家事代行 > 食材を余らせない!予約の取れないタスカジさんの直伝使い切り料理

食材を余らせない!予約の取れないタスカジさんの直伝使い切り料理

普段、料理をしていると食材を余らせてしまう、余った食材を腐らせてしまうといった悩みがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。すべての食材を使い切るって、結構難しいですよね。

そこで今回は、料理で食材を余らせないためのコツをご紹介します。

食材を余らせてしまう家庭は多い!?

まずは余りがちな食材の問題についてご紹介いたします。

食材を余らせてしまうことに悩む人は多い

世界的な食品ロスが問題になっている昨今、日本では2017年(平成29年)度時点で年間284万トンもの食品廃棄物等が一般家庭から発生したと言われています。(参考:農林水産省 食品ロス量(平成29年度推計値)の公表について

食材を無駄にしないように意識している方も多いと思いますが、傷みやすい野菜や果物、量がたくさん入ったものはつい残ってしまう傾向にあるようです。

余らせてしまいがちな食材

余らせてしまいがちな食材は1個丸ごとで購入した白菜、量がたくさん入っているジャガイモ、にんじんなどのようです。

他には水分が多く傷みやすいきゅうりやイチゴなども余らせてしまうという意見を多く聞きます。牛乳、たまご、納豆なども気が付くと賞味期限が過ぎていた、なんていうことも。また、食材ではありませんが、調理方法が限られているドレッシング類を余らせている人も多くみられます。

食材を余らせてしまう理由

量が多いものについては、「お徳用だと割安で購入できるから、家族が少ないのに大きいサイズを買ってしまう」という理由が挙げられます。

忙しくて冷蔵庫の中を把握しないまま買い物をすることで同じ食材が増えてしまい、冷蔵庫の奥に入ったまま眠っていたということもあるようです。
他にも、購入したものの味が好みではない、調理方法が分からないといった理由で使わなくなってしまうということもあります。

食材を余らせないためにできる工夫

食材を余らせないためには、余る理由を明確にして対策を考えることが大切です。食材を余らせない方法を5つご紹介します。

冷蔵庫を整理する

まずは何が入っているか分からない状態の冷蔵庫から、中に入っているものが一目でわかる冷蔵庫を目指しましょう。

冷蔵庫から食材を一旦全て出し、何が入っているのかを確認します。冷蔵庫に再び食材を片づけるときは、賞味期限が近いものを手前に置くようにすると、先に何を使わなければいけないのかが分かりやすくなります。

また、定期的に冷蔵庫を整理する日を作るようにすると食材を管理しやすくなります。買い物に行く際は、冷蔵庫の写真を撮っておくと便利ですよ。

買い物内容を見直す

一度冷蔵庫をきれいにしても、食材を買い足していくうちに再びごちゃごちゃしていきます。購入するものを事前にリスト化しておき、不要なものは買わないことを心掛けると食材が無駄にならずに済みます。

お徳用などは割安ですが、家族構成によっては無駄になってしまうこともあります。量を重視するのではなく、使い切れるものを選んで購入しましょう。特に、まとめ買いをすると物が増えてしまいがちなので、こまめに購入した方が良い場合もあります。

買い置きの食材も定期的に消費期限をチェック

「日持ちするから」と買い置きした食材は忘れられやすい存在です。そのため、買い置きした食材を使う日を決めて、定期的に消費するようにしましょう。そうすることで食材の消費期限切れを防ぎ、新しい食材と入れ替えることができます。

食材を使う順番を考える

冷蔵庫の奥にある食材を使い忘れるように、目につきにくい場所の食材は忘れてしまいがちです。食材は賞味期限・消費期限が近いものを手前に置くようにしましょう。ストック食材を補充する場合は後ろに追加する習慣をつけ、それでも忘れそうな場合は付箋やマスキングテープなどで目印をつけておくとわかりやすくなりますよ。

献立をルーティン化する

献立をその日ごとに決めていると、使う食材と使わない食材が偏ってしまうことがあります。献立を考えるのが苦手な方は、献立をルーティン化させることで使う食材や買い足す食材が把握しやすくなります。

例えば、月曜日と木曜は魚料理で1品、余っている食材で汁物と副菜を作るなど、ざっくり献立を考えてみましょう。

使い切りレシピならこれ!「予約が取れないカリスマ家政婦が教える「使いきり」レシピ (TJMOOK)」

「一つの食材を上手に使い切りたい…」そんなお悩みをお持ちの方は、予約が取れないカリスマ家政婦さんの技を学んでみてはどうでしょうか?

本の内容

カリスマ家政婦さんが多数在籍するタスカジの中でも、特に「予約が取れないカリスマ家政婦」と呼ばれる11人の凄腕のタスカジさんによる食材使い切りレシピ集です。

カリスマ家政婦が教える「使い切り」レシピでは、野菜はもちろん、粒マスタードなどの調味料のアレンジ方法まで収録しています。おいしいのに誰でも簡単に実践できるので、食材を余らせがちな方は必見のレシピブックです。

この本があれば予約が取れないカリスマ家政婦さんたちの味を簡単に自宅で再現できます。

著者は予約の取れないカリスマ家政婦さん

今回レシピを紹介しているタスカジさんは11人。なんと累計訪問回数6,000回以上の実績ある予約の取れないカリスマ家政婦さんたちです。

タスカジは依頼者が希望するタスカジさんに直接予約を取るシステムですが、累計6,000回という数字からどれほど人気が高い方たちかお分かりいただけると思います。

タスカジさんの中でも実力と人気が揃った方々のスゴ技を是非ご覧ください!

カリスマ家政婦さんに依頼した人の口コミ

「身体にやさしいお料理をたくさん作っていただきました!野菜がたくさん摂れて嬉しいです」

「お弁当のおかずにも使えて、子どもが喜んでくれました!」

「嫌いな食べ物がある旦那までおいしいと絶賛していました。家族みんなでおいしくいただきました」

食材を余らせないようにするには、日頃から意識しておかないと難しいですよね。

もし同じ食材を購入しても、レシピブックに載っているカリスマ家政婦さんたちの技があれば解決できるかもしれません。

食材を余らせてしまいがちな方は、是非カリスマ家政婦さんの技をご覧ください!

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中