ホーム > 掃除 > 台所の換気扇は浸け置き掃除がおすすめ!初心者でも簡単にできる重曹を使ったお掃除方法

台所の換気扇は浸け置き掃除がおすすめ!初心者でも簡単にできる重曹を使ったお掃除方法

台所の換気扇、しばらく掃除をしていないとレンジフードやフィルターがベタベタしてきますよね。さらにその奥にあるファンの部分にも油汚れが蓄積し、固まった頑固な汚れになっているかもしれません。換気扇掃除は数か月に1度行うのが理想的ですが、それほど頻繁に掃除できない場合は、半年から1年に1度浸け置き掃除をするのがおすすめです。

換気扇の汚れ

毎日使うことでいつの間にか汚れが蓄積してしまう換気扇ですが、ベタベタの頑固な汚れはどうして付いてしまうのでしょうか。

・換気扇の汚れを放置するとどうなる?

換気扇はファンを回して換気をしますが、汚れを放置してしまうと空気を吸い込むファンに負荷がかかるので、換気をするパワーが低下してしまいます。
また、換気扇を回してもうまく換気されないので、調理をした際のにおいが残ってしまうこともあります。さらにキッチンの周りや床、壁などがベタついたり、換気扇の汚れに雑菌やカビが繁殖したりするようになってしまいます。

・換気扇の汚れの正体は?浸け置き掃除が効果的?

換気扇の汚れの正体は油とホコリです。油は酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤を使うことで汚れを中和させることができます。付いたばかりの油汚れは拭き掃除ですぐに落とすことができますが、ホコリと混じり合ってベタベタとこびりついた油汚れはなかなか落ちません。
そういうときは、洗剤を溶かしたお湯に浸け置きをすると汚れが緩んでなって落としやすくなります。

換気扇のおすすめ掃除方法

換気扇の掃除は大変そうに思えますが、実は初心者でも簡単にできます。掃除道具を揃えて始めてみましょう。

【必要な掃除道具】
・重曹(もしくはセスキ炭酸ソーダ)
・新聞紙
・ゴミ袋などのビニール袋
・ブラシ
・スポンジ
・雑巾
・ゴム手袋(推奨)

【掃除の手順】
掃除を始める前に換気扇の電源を抜いて、換気扇周辺が汚れないように新聞紙を敷いておきましょう。あとは、部品をビニール袋の中で浸け置きしておく場所を決めておきます。シンクや洗面所、お風呂場など濡れたり汚れたりしても問題ない場所がよいでしょう。

浸け置きに使う重曹水は一度沸騰させると強いアルカリ性になり、汚れを落とす効果が高まります。大きめの鍋に沸かした水1Lに対して大さじ3杯の重曹を入れ、火にかけて時折混ぜながら沸騰させ、冷まします。重曹水の量は、パーツの大きさに合わせて必要な分を作っておきましょう。

<分解>
フィルターやファンを外します。外し方はメーカーによって異なるので、説明書やホームページを確認してください。
ファンには円柱状のシロッコファンとプロペラファンがありますが、ネジを回して取り外す際に部品を落とさないように注意しながら作業を進めます。ネジが油汚れで固まって回らないときは、ドライヤーで温めると油が緩んで回りやすくなるでしょう。
また換気扇は高い位置にあるので、安全に作業ができるように足場を確保しておくことも大切です。安定感のある椅子や脚立を使って分解を行います。

<浸け置き掃除>
外した部品の油汚れを新聞紙や古い布などで軽く拭き取り、浸け置き用のゴミ袋に入れます。その中に、作っておいた重曹水を注ぎ、1〜2時間程度浸け置きます。
浸け置き洗いでも落ちなかった汚れは、ブラシやスポンジなどを使ってこすり落とし、水かお湯で重曹と汚れを落としてください。汚れが頑固でブラシなどでも落ちないときは、ヘラやカードのようなものでこすり落とすことができます。

<レンジフードの拭き掃除>
取り外しできないレンジフードは拭き掃除をします。
新聞紙や古い布など捨ててもよいものを使ってあらかじめ汚れを拭き取ってから、固く絞って油汚れ用洗剤をつけた雑巾を使います。油汚れ用の洗剤がなければ、漂白剤を溶かしたものでも代用が可能です。レンジフードの汚れが取れたら、固く絞った雑巾を使って汚れと洗剤を拭き取りましょう。

また、水200mlに重曹を小さじ2〜3杯を加えて作った重曹水をスプレーボトルに入れて油汚れに吹き付けてもきれいにできます。この場合は、汚れが浮いてきたらキッチンペーパーを使って拭き取り、仕上げに乾いた布で水分を拭き取れば完了です。
レンジフードの材質によって、洗剤を使うことで変色したりツヤがなくなったりすることがあります。内側など目立たない部分で確認をしてから使うのがおすすめです。また、汚れが取れないからといって、強くこすりすぎると塗装が剥がれてしまう場合があるので注意しましょう。

まとめ


換気扇は汚れが付きやすく、掃除をしないまま放置していると故障してしまうこともあります。また、掃除をしない期間が長ければ長いほど掃除をするとき大変なので、定期的にお手入れするほうがよいでしょう。換気扇の掃除は難しいものではないのですが、時間がかかるので後回しにしてしまいがちです。そんなときにはタスカジを利用して、掃除のプロにお任せしてみてはいかがでしょうか。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中