ホーム > 掃除 > トイレの黒ずみを落とす掃除方法と簡単にできる予防策を合わせて紹介

トイレの黒ずみを落とす掃除方法と簡単にできる予防策を合わせて紹介

トイレの黒ずみは、ブラシでこすっただけでは、なかなか取れない汚れです。汚れの原因を知って、汚れ落としに適した洗剤を使いましょう。本記事では、トイレにできる黒ずみの原因や汚れ別に効果がある洗剤、黒ずみの予防策などについて解説します。トイレの黒ずみをキレイにしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

トイレの黒ずみはなぜできる?

トイレの黒ずみは、便器の水たまりの上部や便座のふちにできることが多いです。なぜ、黒ずみができるのでしょうか。黒ずみは、便器の直接的な汚れでできますが、掃除をしていてもできるのであれば、トイレタンクの汚れからきている可能性があります。ここでは、トイレの黒ずみがなぜできるのか、その原因について解説します。

カビ

黒ずみの正体は、黒カビと呼ばれる「クラドスポリウム」であり、ごく普通に見られるカビの一種です。発生しやすくなる条件には、温度が20〜30℃・湿度が70%以上・栄養分が豊富の3つがあり、これらの条件が揃うほど発生しやすくなると考えられています。

トイレには、常に水があり、湿気がこもりやすく、尿や便などが栄養分となる、といった発生しやすい条件が全て揃っています。また、ホコリの中にもカビは存在しています。トイレットペーパーから出る繊維のホコリ、衣服についたホコリなどもカビが発生する原因になるのです。

トイレタンクの汚れ

便器の掃除をしているにも関わらず、黒ずみができるという場合は、トイレタンク内に黒カビが発生している可能性が高いです。それとは別に、水道水に含まれる鉄分が酸化することでも黒ずみが発生します。このことから、便器をキレイに掃除していても、トイレタンクから流れる汚れた水によって、便器の黒ずみの原因になる可能性があるといえます。

汚れの種類に適した洗剤でトイレ掃除をしよう

トイレの汚れは、黒ずみ以外にも、いくつかあります。尿石による黄ばみや水道水による水垢、時間経過した尿によるアンモニア臭などです。これらの汚れを一掃するためには、トイレの汚れに適した洗剤選びが大切です。ここでは、汚れの種類に適した洗剤を紹介します。

掃除の際には、ゴム手袋をつけて作業をすると安全です。また、便器のメーカーによって、酸性・アルカリ性洗剤ともに使えない場合があるため、事前に取扱説明書を確認しましょう。

黒ずみ:塩素系漂白剤

カビによる黒ずみには、塩素系漂白剤が効果的です。カビは酸性汚れなので、アルカリ性洗剤の塩素系漂白剤で中和させることで黒ずみを落とせます。黒ずみ部分に塩素系漂白剤をかけ、数分間つけ置きした後に水を流します。洗剤の容器に記載されている使用方法を確認し、正しく使いましょう。

黄ばみ:酸性洗剤

黄ばみは、尿に含まれるカルシウムが結晶化した尿石による汚れです。尿石はアルカリ性の汚れのため、酸性洗剤が適しています。黄ばみ部分に酸性洗剤をかけ数分つけ置きした後、ブラシでこすって水を流すだけです。

酸性洗剤は、塩素系洗剤と混ぜると有毒ガスが発生して危険です。黄ばみが落ちないからといって、塩素系洗剤を混ぜたり、酸性洗剤を使用した直後に塩素系洗剤を使わないよう注意しましょう。

水垢:クレンザー

水垢は、白っぽくうろこ状に広がる汚れです。水道水に含まれるミネラルが、水分が蒸発した後に残って結晶化したものです。水垢は、便器より手洗い器の蛇口に多く見られます。水垢を落とすには、こびりついた水垢を物理的に削り落とす方法がベストです。研磨材入りのクレンザーを使って擦り落とします。

ただ、便器を傷つけてしまう恐れがあるため、研磨材が少なく粒子の細かいクリームタイプ、もしくはペースト状のクレンザーを使うと良いでしょう。

日頃からトイレの汚れを予防しよう

ここでは、トイレの汚れを防ぐ方法を紹介します。できるだけ、多くの方法を取り入れることで、汚れの少ない清潔な状態をキープできます。

トイレの汚れを防ぐ方法は、以下の4つです。

  1. ハンディモップでホコリを払う
  2. タンクに重曹を入れる
  3. 置き型のトイレ洗浄剤を設置する
  4. クエン酸スプレーを吹きかける

1.ハンディモップでホコリを払う

カビの原因にもなるホコリは、トイレ内のあちこちに溜まりがちです。便器のフタやペーパーホルダーなど、ホコリに気づいたらハンディモップで払っておきましょう。水に濡れた場合は、カビが繁殖する可能性があるため、乾燥させて使うか、もしくは交換するなどして、放置しないことが大切です。

2.タンクに重曹を入れる

タンク内の汚れ防止として、重曹を入れる方法があります。重曹1カップをタンクに入れ、半日ほど放置した後に水を流すだけなので簡単です。長時間トイレを使えなくなるため、就寝時や外出時などに行うと良いでしょう。1ヵ月に1回を目安として、タンク内の洗浄をするのがおすすめです。

3.置き型のトイレ洗浄剤を設置する

置き型のトイレ洗浄剤を手洗い場に設置すると、トイレを使用するたびに、タンク内や便器をキレイにすることができます。また、トイレスタンプを便器に貼り付けるのも良いでしょう。掃除の手間を省けるので、おすすめの方法です。

4.クエン酸スプレーを吹きかける

クエン酸には、尿石の洗浄や消臭効果があります。スプレーを、使用後の便器に吹きかけブラシでこするだけの手軽にできる方法です。便座の裏にこびりついた汚れには、トイレットペーパーにクエン酸を含ませたパックをすると、尿の飛び跳ねによる汚れをキレイに落とすことができます。

毎日の掃除の手間を軽減するなら家事代行がおすすめ

トイレの黒ずみなどの汚れを防ぐには、毎日のこまめな掃除が大切です。しかし、トイレ掃除をしていても、黒ずみが発生してしまうこともあります。仕事や育児に追われていると、つい後回しになるのがトイレ掃除などの掃除という方も多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、家事代行の掃除代行です。後回しにしがちな掃除を、お任せすることができます。キレイに掃除してもらえば、その状態をキープするだけなので、その後の掃除もぐんと楽になるでしょう。

掃除を家事代行に依頼する際の注意点

続いて、家事代行へ掃除を依頼する際の注意点を解説します。トラブルにならないためにも重要なことなので、ぜひチェックしてみてください。

対応できない掃除の範囲がある

家事代行では、分解洗浄を伴う作業を依頼できないケースが多いです。依頼できるのは、日常の家事の範囲内になります。そのため、高度な専門技術や特殊な専用洗剤、掃除用具を必要とする業務はサービスの対象外です。サービス内容は、各家事代行で異なるため、詳細な内容は家事代行のホームページで確認しておきましょう。

掃除に必要な道具類を確認する

家事代行に掃除を依頼する場合、基本的に依頼者が道具類を用意します。どのような道具類を揃える必要があるのか、事前の打合せで確認しておきましょう。当日に洗剤や掃除道具が不足すると、サービスの質に影響する可能性があります。洗剤の残りが少ない場合は、ストックを用意しておくと安心です。

念入りに掃除して欲しい箇所を伝える

家事代行は、1回の依頼時間が決まっていることがほとんどです。念入りに掃除して欲しい箇所があれば、事前の打合せで具体的に伝えましょう。そうすることで、より満足する結果につながります。サービスを提供する側も、作業の優先順位がつけやすくなり、効率が上がります。

掃除を家事代行に依頼するなら「タスカジ」へ

家事代行サービスで家事を定期的にアウトソーシングするなら、品質はもとより、できるだけ料金を抑えたいものです。リーズナブルな料金で依頼したい方へおすすめしたいのが、株式会社タスカジが運営する家事代行マッチングサービス「タスカジ」です。

家事代行サービスを提供する「タスカジさん(ハウスキーパー)」と家事代行を依頼したい個人とをマッチングさせるシステムになっています。手軽にリーズナブルな料金で利用できることから、近年大人気の家事代行サービスです。

1時間あたり1,500円から利用できる

1時間1,500円(税込)から3時間固定で利用ができます。業界最安値水準ともいえる家計に優しい料金です。さらに入会金・登録料も一切かかりません。 依頼できる家事は、掃除、整理収納、料理、作り置き、買い物、室内でのペットケア、保護者同席でのチャイルドケアなど、日常的な家事全般になります。

タスカジさんとの個人間契約なので、業界最安値水準ともいえる家計に優しい料金を実現させました。日常的な家事を網羅しているので、カバーしてほしい家事をリーズナブルな料金で利用できる点は、単発でも定期的な利用でも嬉しいポイントになるでしょう。

準備が不要!掃除に必要な用具セットが購入できる

掃除に必要な洗剤など、うっかり切らしていたり、残量が少なかったりして、あらためて購入しなければならない場合があるでしょう。そういった場合にも、タスカジなら掃除セットを簡単にオーダーできます。

タスカジス事務局が厳選した用具セットは、「厳選水回り掃除セット(税込1,430円)」と「家中まるごとお掃除セット(税込3,470円)」の2種類が用意されているので、非常に便利です。

タスカジお掃除セット

キャンペーンコードや定期依頼で利用するとさらに安くなる

リーズナブルな料金で利用できるタスカジですが、キャンペーンコードを使ったり定期依頼で利用すると、さらに安くなります。初回限定のキャンペーンコードの発行やお友達紹介キャンペーンなどが実施されている場合は積極的に利用しましょう。特に定期依頼では、スポット依頼よりも1割程度お得なので利用回数を増やしたい方におすすめです。

最後に

本記事では、トイレにできる黒ずみの原因や汚れ別に効果がある洗剤、黒ずみの予防策などについて解説しました。トイレは毎日使う場所だからこそ、黒ずみや黄ばみなど汚れのない、清潔な状態をキープしたいものです。しかし、1日にこなさなければならない家事はいくつもあり、どれか1つでも代わって欲しいと思う方は多いでしょう。そういった場合は、気軽に家事代行へ依頼しましょう。家事代行に興味がある方は、ぜひタスカジの家事代行を試してみてください。

監修者 at 株式会社タスカジ | Website | + posts

株式会社タスカジの代表取締役。国内大手ITベンダーに入社。その後MBA(経営学修士)を取得。2013年に共働きの家庭における新しいライフスタイルを実現するため、起業。2014年に家事代行マッチングサービス「タスカジ」を開始し、2017年に日経BP社 日経DUAL「家事代行サービス企業ランキング」1位、「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018働き方改革サポート賞」を獲得。
多くの人が自分らしく生きる時間を増やせる社会を実現するため、一般家庭でも気軽に質の高い家事代行を利用できる仕組みを作るという想いで「タスカジ」を立ち上げた。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中