ホーム > 掃除 > トイレ掃除の最適な頻度は?汚れの原因や掃除のコツ・予防策を紹介

トイレ掃除の最適な頻度は?汚れの原因や掃除のコツ・予防策を紹介

トイレは毎日使う場所なので、どうしても汚れやすいものです。ゆえに、きれいにしておきたいと考える方は多いでしょう。本記事では、トイレ掃除の最適な頻度や汚れの原因と掃除のコツ、掃除の頻度を減らすための予防策について解説します。小掃除と予防策でトイレ掃除がかなりラクになるので、ぜひ参考にしてみてください。

トイレ掃除の最適な頻度は場所によって異なる

トイレは汚れやすいからこそ、念入りな掃除が必要になる前にきれいにしておきたいものです。トイレ掃除は、便器・便座、床・壁、タンクの3つのゾーンによって、掃除頻度が変わります。ここでは、トイレ掃除の最適な頻度について解説します。

便器・便座は毎日のこまめな掃除

汚れが直接つきやすい便器・便座は、毎日のこまめな掃除が理想的です。毎日となると、面倒に感じるかもしれません。しかし、こまめに掃除をすれば汚れは軽いので、数分ほどで終わります。1週間汚れを溜めてから掃除するよりも、はるかにラクです。便座を掃除する際に、便座のふたも拭いておくと良いでしょう。

床・壁も含めて週1回しっかりと掃除

毎日のこまめな掃除を続けつつ、床と壁、便器の内部、手洗い部分があるタンクなどは、週1回しっかりと掃除をしましょう。ただ、週1回で良いというわけではありません。衛生的にも掃除を少しでもラクにするためにも、汚れた時や気づいた時に拭いておくことを習慣づけておくことも大切です。

タンク内は月1回を目安に掃除

タンク内は、他のゾーンに比べて汚れを気にする方が少ないのではないでしょうか。トイレの使用頻度が高い場合は、タンク内の水が常に循環するため、ひどく汚れることはありません。それでも、月1回を目安に掃除をするのが理想的ですが、数ヶ月に1回は掃除をするよう心がけましょう。また、掃除しないとしても、定期的にタンク内の確認が大切です。

トイレ汚れの原因と掃除のコツ

トイレ掃除にかかる時間を減らすには、まず汚れの原因を理解しましょう。トイレの汚れは、以下のようなものがあります。

  • 尿石
  • 水垢
  • カビやバクテリア
  • トイレ独特の臭い

ここでは、汚れ別の原因と掃除のコツを紹介します。

尿石

便器にみられる黄ばみは、尿石と呼ばれる汚れです。尿石とは、尿に含まれるリン酸カルシウムが化学反応し石化したものを指します。トイレブラシで、便器をこすっても簡単に落とすことはできません。尿石の主成分はアルカリ性のため、酸で中和させるときれいになります。

やや黄ばんでいる程度であれば、クエン酸が効果的です。その際に酸が残らないよう、2度拭きが必要です。頑固な汚れには、酸性洗剤を使用します。酸性洗剤でも落ちない場合は、耐水サンドペーパーでこすり落とすしかありません。耐水サンドペーパーは尿石を落とすと同時に便器を傷つけるリスクもあるため、なるべく目の細かいものを使用してください。汚れの程度に合わせて、適した洗剤を選びましょう。

水垢

水垢は、水道水に含まれるミネラル分が乾いて、白く固まったものです。手洗い器や蛇口によくみられ、濡れては乾くを繰り返しているうちに蓄積します。水垢はアルカリ性なので、酸性洗剤を使うほどの汚れでなければ、クエン酸が効果的です。また、クレンザーでこすっても良いでしょう。クレンザーには、研磨剤が入っており、傷つける場合があるため注意が必要です。

カビやバクテリア

便器内に見られる黒ずみは、カビが繁殖したことによる汚れです。カビを効果的に除去するには、塩素系漂白剤を使いましょう。その際には、換気をよくすることが大切です。また、バクテリアが原因のピンク色の汚れは、塩素系洗剤を使うと、比較的簡単に落とすことができます。塩素系漂白剤の臭いが気になる方は、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)がおすすめです。

トイレ独特の臭い

掃除をしていても、独特の臭いがするのは、床や壁に飛び散ってから時間が経った尿汚れが原因です。アンモニア臭には、クエン酸水をスプレーしながら、ぞうきんで拭き上げましょう。

トイレマットや便座・ふたカバー、スリッパにも尿はねが付いて、臭いの原因になることもあります。これらを外してしまうという選択もありますが、冷え対策に置いておきたい、あるいはインテリアとして楽しみたいということもあるでしょう。こまめに洗濯しておくことが大切です。

トイレ掃除の注意点

トイレ掃除の際には、ゴム手袋を使用し、しっかりと換気をしながら作業をしましょう。また、複数の洗剤を使う場合には、洗剤を混ぜないようにします。酸性洗剤と塩素系漂白剤を混ぜると、化学反応により有毒ガスが発生する可能性があるためです。なお、便座や便器など製品によって、お手入れ方法が異なるため、必ず取扱説明書を確認することをおすすめします。

トイレ掃除の頻度を減らすための予防策

トイレ掃除の頻度を減らすには、汚れる前に予防するのがポイントです。予防策として、以下の3つを紹介します。

  1. 湿気がこもらないよう換気する
  2. 水を流すときに便座のふたを閉める
  3. 配置型のトイレ洗浄剤を使う

1.湿気がこもらないよう換気する

カビの予防策として、湿気がこもらないよう換気する方法があります。換気扇を常に回したり、窓を開けたりするなどして、トイレ内の湿度を下げるようにしましょう。

浴室内にトイレが収まっているユニットバスの場合は、さらに湿気がこもりやすいため、除湿機を使うのもおすすめです。窓がないなど換気が十分にできないという方は、炭を置くと良いかもしれません。炭には、除湿を下げる効果と消臭効果があるため、一石二鳥です。

2.水を流すときに便座のふたを閉める

尿や糞便の飛び散る汚れやカビ発生の予防策として、便座のふたを閉めて水を流しましょう。水を流すと、便器周辺にも意外と水しぶきが飛び散ってしまいます。この水には、尿や糞便が含まれている可能性が高く、便座のふたを閉めて流すことで飛散を防止できるのです。この飛散を防ぐことで、カビの発生の予防にもつながるのです。

3.配置型のトイレ洗浄剤を使う

便器やタンクの汚れ予防には、配置型のトイレ洗浄剤を使うことをおすすめします。タンクの手洗い用の水が出るところに置き、水を流すだけで、タンク内と便器を洗浄してくれます。タンクに蛇口がない場合は、タンク内に直接入れるタイプの洗剤を利用すると良いでしょう。

それとは別に、スタンプ式の洗剤も便利です。ジェル状の洗剤をスタンプすると、流すたびに汚れの付着を予防してくれます。自宅のトイレに合う配置型のトイレ洗浄剤を選びましょう。

トイレ掃除の頻度を減らすなら家事代行がおすすめ

トイレは、毎日こまめに掃除するのが大切だと分かっていても、つい後回しにしてしまうということもあるのではないでしょうか。トイレなどの水回り掃除は、道具や手順が多く、時間がかかるのが難点です。しかも、汚れがひどくなると、強力な洗剤が必要となり、ますます時間と手間がかかってしまいます。

そういった場合には、トイレやお風呂、キッチンなどの水回り掃除を家事代行に依頼して、あなたの代わりに掃除してもらうのがおすすめです。一度すっきりリセットすると、掃除の頻度をグンと減らせるでしょう。

トイレ掃除を家事代行に依頼する際の注意点

家事代行でトイレ掃除を依頼する際の注意点を解説します。依頼する際に、直接確認しておくと安心です。ぜひ参考にしてみてください。

対応できないトイレ掃除の範囲がある

家事代行では、換気扇やタンク内部など分解を伴う作業を依頼できないことが多いです。あくまでも、日常の家事をサービスとして提供するものなので、高度な専門技術や特殊な専用洗剤、掃除用具を必要とする業務はサービスの対象外になります。加えて、時間の経過とともに頑固になっている汚れは、すっきりきれいにするのは難しいかもしれません。汚れの程度も相談してみましょう。

トイレ掃除に必要な道具類を確認する

家事代行に掃除を依頼する場合、あらかじめ道具類を用意しておく必要があります。どのような道具類を揃えておくと良いのか、必ず確認しておきましょう。洗剤や掃除道具が不足すると、効率が悪く、サービスの質に影響する可能性があります。複数の水回り掃除を依頼する際には、場所別に道具類をひとまとめにしておくと良いでしょう。

念入りに掃除して欲しい箇所を伝える

家事代行は、1回の依頼時間が決まっていることがほとんどです。打合せの際に、掃除してもらう場所と念入りに掃除して欲しい箇所を伝えておきましょう。依頼する際には、自分の希望を正確に伝えることが大切です。サービスを提供する側も、作業の優先順位がつけやすくなり、作業効率も上がります。

トイレ掃除を家事代行に依頼するなら「タスカジ」へ

家事代行サービスで家事を定期的にアウトソーシングするなら、品質はもとより、できるだけ料金を抑えたいものです。リーズナブルな料金で依頼したい方へおすすめしたいのが、株式会社タスカジが運営する家事代行マッチングサービス「タスカジ」です。

家事代行サービスを提供する「タスカジさん(ハウスキーパー)」と家事代行を依頼したい個人とをマッチングさせるシステムになっています。手軽にリーズナブルな料金で利用できることから、近年大人気の家事代行サービスです。

1時間あたり1,500円から利用できる

1時間1,500円(税込)から3時間固定で利用ができます。業界最安値水準ともいえる家計に優しい料金です。さらに入会金・登録料も一切かかりません。 依頼できる家事は、掃除、整理収納、料理、作り置き、買い物、室内でのペットケア、保護者同席でのチャイルドケアなど、日常的な家事全般になります。

タスカジさんとの個人間契約なので、業界最安値水準ともいえる家計に優しい料金を実現させました。日常的な家事を網羅しているので、カバーしてほしい家事をリーズナブルな料金で利用できる点は、単発でも定期的な利用でも嬉しいポイントになるでしょう。

家事のプロに依頼できる

タスカジでは、さまざまな分野の家事のプロに依頼することが可能です。「タスカジさん」は、どの家事にもオールマイティに対応できる人もいれば、栄養士や整理収納アドバイザーなどの資格保持者、前職がレストランのシェフなど、さまざまな家事のプロが在籍しています。

家事を依頼するだけでなく、「タスカジさん」から効率の良い家事の進め方のアドバイスをもらうことで、家事のスキルアップが望めるでしょう。

準備が不要!掃除に必要な用具セットが購入できる

掃除に必要な洗剤など、うっかり切らしていたり、残量が少なかったりして、あらためて購入しなければならない場合があるでしょう。そういった場合にも、タスカジなら掃除セットを簡単にオーダーできます。

タスカジ事務局が厳選した用具セットは、「厳選水回り掃除セット(税込1,430円)」と「家中まるごとお掃除セット(税込3,470円)」の2種類が用意されているので、非常に便利です。

タスカジお掃除セット

最後に

本記事では、トイレ掃除の最適な頻度や汚れの原因と掃除のコツ、掃除の頻度を減らすための予防策について解説しました。トイレ掃除は、便器・便座、床・壁、タンクの3つのゾーンによって、掃除頻度が変わります。汚れやすい便器や便座は毎日こまめに掃除し、週1回は壁や床も含めてしっかりと掃除します。毎日の掃除と予防策でトイレ掃除がかなりラクになるでしょう。

もし、トイレ掃除の他にも後回しにしている水回り掃除があるようなら、家事代行にまとめて依頼し、汚れを一掃しましょう。その際には、ぜひタスカジを検討してみてください。

監修者 at 株式会社タスカジ | Website | + posts

株式会社タスカジの代表取締役。国内大手ITベンダーに入社。その後MBA(経営学修士)を取得。2013年に共働きの家庭における新しいライフスタイルを実現するため、起業。2014年に家事代行マッチングサービス「タスカジ」を開始し、2017年に日経BP社 日経DUAL「家事代行サービス企業ランキング」1位、「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018働き方改革サポート賞」を獲得。
多くの人が自分らしく生きる時間を増やせる社会を実現するため、一般家庭でも気軽に質の高い家事代行を利用できる仕組みを作るという想いで「タスカジ」を立ち上げた。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中