ホーム > ライフスタイル > できる主婦(夫)こそ「手抜き」する!家事代行サービスでもっと時短を!

できる主婦(夫)こそ「手抜き」する!家事代行サービスでもっと時短を!

家事って、意外にもっと簡単にできるものなのかもしれません。今回は当たり前と思っていた「家事のムダ」に着目して、「洗濯」「掃除」「料理」の負担を省くための工夫を集めてみました。日常の家事に取れ入れられそうなものがあれば、ぜひトライしてみてください。

時間や手間を省き、満足度の高い家事を希望する場合は、家事代行サービスの利用もおすすめです。

家事代行マッチングサービス「タスカジ」なら、1時間1,500円から掃除、整理収納、料理、作り置きなど家事全般のご依頼が可能です。アプリやウェブサイトから依頼の予約〜変更まで全て完結。登録は無料!必要な時にご利用いただけます。
家事代行を利用してみる

洗濯のムダを省く

2回のうち1回はボリュームを減らす

家族の人数が多いと、1日に2回洗濯をする方もいるでしょう。その時、洗濯物の量を単純に半分にするのではなく、どちらか一方をボリュームダウンしてみてください。
例えば、忙しい朝はタオル類だけにし、夜は残りのものを洗濯するという感じです。こうすることで、干す作業が効率的になります。ボリュームが減れば水道代の節約にもなります。

たたむ作業を省く

洗濯物をたたむ作業は、案外時間がかかるものです。それなら、たたまないで済む干し方に変えてみましょう。衣服はハンガーで干し、乾いたらそのままクローゼットに入れればOKです。ハンガーを活用することで、洗濯物をたたむ作業が省けるだけでなく、タンスの中から衣服を探すという手間も減らせます。下着など片手でたためるものはまとめて干し、洗濯ハンガーごと移動させれば片づけも楽です。

洗濯物干しは室内の日当たりを利用する

洗濯物は室内干しでも大丈夫です。日当たりの良い窓際に干せば、室内でも乾かすことができます。室内であれば天候を気にする必要がなく、雨を心配して早く帰宅したり、濡れてしまって洗い直しになったりというストレスを減らせます。花粉や虫の付着も防げたり、衣類が傷みにくくなったりするというメリットもあります。布団干しも同様の方法でOKです。

料理・洗い物のムダを省く

作り置きする

作り置き料理は主婦(夫)の強い味方です。土日など時間がある時に、1週間分のおかずを作り置きしてみましょう。1品だけでも作り置き料理を活用すれば、毎日の夕食作りもぐっと楽になるはずです。小分けして冷凍しておけばお弁当にも活用でき、忙しい朝も余裕ができます。
家事代行サービスなどを利用して、作り置き料理をしてもらうのもよいでしょう。

あらかじめ献立を決めておく

1週間分の献立をあらかじめ決めておくという方法もあります。曜日ごとに副菜をルーティン化してしまうのもよいでしょう。献立が決まれば食材も決まるため、余分なものを買う心配もなく、時短や節約になります。
毎日献立を考えるのは意外とストレスです。家族とも相談しながら大まかに決めておくだけでも、料理に対する負担を減らせますよ。

汚れのひどい食器は重ねて置かない

食べ終わった後の食器を重ねると余計なところまで汚れてしまい、洗う手間が増えることになります。そうならないためにも、汚れのひどい食器は重ねないように意識してみましょう。
汚れているもの、汚れが少ないものに分けておくだけでもよいです。これだけで時短になり、洗い物が楽になります。食器を片付けてくれる家族にもお願いしておくとよいですね。

まな板の上にクッキングシート

料理をする際のテクニックとして、「まな板にクッキングシートを敷く」という方法があります。こうすることでまな板が汚れなくなり、洗い物が楽になるのです。時短になるだけでなく、水道代や洗剤の節約にもなります。
肉用・野菜用など、材料ごとにまな板を用意する必要もなくなるため、キッチンもスッキリしますよ。

掃除のムダを省く

掃除はこまめに

「掃除をする」と決めてまとめてやるのではなく、普段からこまめに掃除をするのがおすすめです。
洗面台を使うたびにサッと拭き取るといった作業であれば、ほんの数秒で終わります。毎日行うことで、1回1回の掃除の負担が減らせて時短にもなるはずです。郵便物なども溜め込まず、見たらすぐに捨てる癖をつけるとよいでしょう。

移動の時間を床掃除の時間にする

手の届くところにフロアワイパーを置いておき、移動するついでに床掃除をする方法もあります。わざわざ時間をとると面倒ですが、ついでであればできそうですよね。
テレビを見ながらリビングを掃除する、歯磨きをしながら洗面所を掃除するなど、生活の中に床掃除を自然に取り入れてみましょう。

部屋ごとにゴミ箱を置かない

ゴミ箱が多いと、ゴミの回収に手間がかかります。それよりは数を減らして、必要最低限の数にするのがおすすめです。置く場所も、部屋ではなく生活動線上にしてみましょう。トイレに続く廊下やリビングの入口など、家族全員が通る場所に設置しておけば、移動するついでにゴミを捨てることができます。

家事代行を依頼するなら「タスカジ」へ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2022-05-24-1-e1653881633293-1024x504.jpg

家事代行で家事を定期的にアウトソーシングするなら、品質はもとより、できるだけ料金を抑えたいものです。リーズナブルな料金で依頼したい方へおすすめしたいのが、株式会社タスカジが運営する家事代行マッチングサービス「タスカジ」です。

家事代行サービスを提供する「タスカジさん(ハウスキーパー)」と家事代行を依頼したい個人とをマッチングさせるシステムになっています。手軽にリーズナブルな料金で利用できることから、近年大人気の家事代行サービスです。

以下のポイントを魅力に感じる方に、特におすすめのサービスといえます。

  • 1時間あたり1,500円から利用できる
  • キャンペーンコードや定期依頼で利用するとさらに安くなる
  • 家事代行の依頼をネットで完結できる

まとめ

家事は完璧にこなさなくて大丈夫です。上手に手抜きをしていきましょう。
そして大変な時は、家事代行サービスの利用も考えてみませんか?「タスカジ」は、さまざまな家事のプロが登録している家事代行サービスです。タスカジを利用することでリフレッシュできるだけでなく、家事を楽にするヒントが得られるでしょう。

監修者 at 株式会社タスカジ | Website | + posts

株式会社タスカジの代表取締役。国内大手ITベンダーに入社。その後MBA(経営学修士)を取得。2013年に共働きの家庭における新しいライフスタイルを実現するため、起業。2014年に家事代行マッチングサービス「タスカジ」を開始し、2017年に日経BP社 日経DUAL「家事代行サービス企業ランキング」1位、「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018働き方改革サポート賞」を獲得。
多くの人が自分らしく生きる時間を増やせる社会を実現するため、一般家庭でも気軽に質の高い家事代行を利用できる仕組みを作るという想いで「タスカジ」を立ち上げた。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中