ホーム > その他 > 4月5月に復職を予定している方は必見!復職前に準備すべきこと

4月5月に復職を予定している方は必見!復職前に準備すべきこと

育児休業を取得していたママ(パパ)は、子どもが保育園に入園する4月5月からの復職を予定している方も多いでしょう。復職後は時間に追われることが予想されるため、今のうちにできる準備をしておきたいですよね。今回は、復職に向けてどのような準備をしておくべきかについてご紹介いたします。

復職前にどんな準備をするべき?

復職前の今のうちにできる準備をご紹介いたします。

・スキルの棚卸しをする

長期間休業していた人にとって、仕事のブランクは不安の一つでしょう。

しかし、育児休業中は、育児を通して仕事にプラスになることをたくさん学んだはずです。たとえば「共感する力」や「イレギュラーに対応する力」、予定通りに進まないことに対して「柔軟に対応する力」「我慢する姿勢」などのスキルが身に付いたのではないでしょうか。

子育て期間に一生懸命やっていたことを復職時にアピールするため、復職前に育児休業中に得たスキルを棚卸ししておきましょう。キャリアカウンセラーなどプロの力を借りることも有効です。

・家族と話し合う

復職するとなると、家族との生活にも影響があります。

子どもやパートナーと過ごす時間が減るだけでなく、家事もこれまで通りにはできなくなるため、復職前に「家事の分担について」「子どもが風邪をひいたときはどうするか」などを家族と話し合っておきましょう。

特に、家事の分担はしっかりと決めておくことが重要です。

「余裕のある人が家事をする」というように曖昧に分担すると、後々トラブルが発生する可能性があります。お互いに気持ちよく過ごすためにも、復職後の生活について具体的に話し合っておきましょう。

・勉強をする

出産後すぐには難しいかもしれませんが、子どもがまとまってお昼寝をするようになったりなど自分の時間が少しもてるようになったら、復職に向けて資格や業務に関する勉強をするのもよいでしょう。

以前働いていた分野に戻る予定であれば、業務に関連する書籍を読んだり、スキルや資格の勉強をしておくとブランクを埋めやすくなるでしょう。

反対に、復職後新しい分野に挑戦するなら、興味のある分野のビジネススキルを学んだり、関連した資格取得などの勉強をするのもおすすめです。復職したいと思ったときに、自分にとってプラスになるスキルや知識を身に付けておくと安心です。

・家の中のものを見直す

復職後はこれまでのように片付けに時間をとることが難しく、家の中にものがあふれやすくなります。そのため、育児休業中に断捨離を行なったり収納を見直したりして、必要なものを取り出しやすく掃除しやすいように配置を変更することもおすすめです。自分自身だけではなく、家族皆がわかりやすい収納にすると片付けの負担が軽減します。

・家事時短になる家電を導入する

復職前に家事時間の短縮につながる家電を導入することもポイントです。食器洗い乾燥機やロボット掃除機、衣類乾燥機などがあれば、月換算で何十時間も家事に要する時間を節約できます。仕事で疲れて帰ってから「掃除も洗濯もしなければならない」と思うと気が滅入ってしまいますが、家事の負担を軽減してくれる家電を導入すれば、帰宅後の時間が快適になるでしょう。

・買い物の負担を減らすサービスを検討する

復職後は、仕事終わりに子どものお迎えに向かう方も多いのではないでしょうか?仕事帰りに食材や消耗品を買い出しに行くことは負担になるため、買い物の負担を減らすサービスを検討しましょう。最近ではネットスーパーや食材宅配などのサービスも充実しています。買い物の負担を減らせば、家族と一緒に過ごす時間や自分の時間をつくることもできるでしょう。

復職後におすすめの家事代行サービス

復職後は家事代行サービスを利用するのも一つの方法です。

・復職後の負担軽減に

復職後は仕事に育児、家事とやらなければならないことがたくさんあるため、家の中をきれいな状態に保つことは難しいのが現実です。家事が進まないことでイライラしたり、パートナーとケンカになったりする可能性もあるでしょう。

そこで、高いスキルをもったプロに家事を依頼しておけば、家をきれいな状態に保てるのはもちろん、家事をする分の時間を自由に使えることで、身体面や精神面で余裕が生まれます。

・どんな家事を依頼できる?

家事代行サービスでは、料理や掃除、整理収納、洗濯、買い物など、さまざまな家事を代行してくれます。

たとえば週に1回、3時間で作り置きおかずを作ってもらう、水回りの掃除をしてもらう、といった依頼が可能です。

もちろん、さまざまな家事を組み合わせてスポット利用することもできるので、必要なときに必要な家事を依頼しましょう。

・家事代行サービスの料金

家事代行サービスに興味はあるけど「料金が高そう」と思う人もいるかもしれません。家事代行の相場は1時間あたり2,000円〜4,000円です。

家事代行マッチングサービスの「タスカジ」なら業界最安値水準の1時間1,500円(税込)〜利用できるので、産前産後や復職前後のパパ・ママからとても人気です。

家事代行を利用することで、家がすっきりするだけでなく、家族との時間が増えて身体面や精神面でも余裕が生まれると考えると、決して高くはないでしょう。

復職前の準備を家事代行に依頼するなら「タスカジ」へ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2022-05-24-1-e1653881633293-1024x504.jpg

家事代行で家事を定期的にアウトソーシングするなら、品質はもとより、できるだけ料金を抑えたいものです。リーズナブルな料金で依頼したい方へおすすめしたいのが、株式会社タスカジが運営する家事代行マッチングサービス「タスカジ」です。

家事代行サービスを提供する「タスカジさん(ハウスキーパー)」と家事代行を依頼したい個人とをマッチングさせるシステムになっています。手軽にリーズナブルな料金で利用できることから、近年大人気の家事代行サービスです。

以下のポイントを魅力に感じる方に、特におすすめのサービスといえます。

  • 1時間あたり1,500円から利用できる
  • キャンペーンコードや定期依頼で利用するとさらに安くなる
  • 家事代行の依頼をネットで完結できる

まとめ

復職前には家族と家事の分担について話し合い、家事の負担を減らす工夫が大切です。

また、復職後は週に1回や、特に忙しい時期などに家事代行サービスを利用するのもよいでしょう。家事代行サービスをうまく利用して、子どもやパートナーと過ごす時間を増やしてみるのはいかがでしょうか。

監修者 at 株式会社タスカジ | Website | + posts

株式会社タスカジの代表取締役。国内大手ITベンダーに入社。その後MBA(経営学修士)を取得。2013年に共働きの家庭における新しいライフスタイルを実現するため、起業。2014年に家事代行マッチングサービス「タスカジ」を開始し、2017年に日経BP社 日経DUAL「家事代行サービス企業ランキング」1位、「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018働き方改革サポート賞」を獲得。
多くの人が自分らしく生きる時間を増やせる社会を実現するため、一般家庭でも気軽に質の高い家事代行を利用できる仕組みを作るという想いで「タスカジ」を立ち上げた。

FacebookTwitterInstagram
新規登録募集中