ホーム > 家事代行 > 家事代行は定期と単発、どちらがおすすめ?

家事代行は定期と単発、どちらがおすすめ?

家事代行には定期と単発の2種類があります。これから家事代行サービスを利用してみたいと考えている方の中には、どちらにしようか悩んでいる方も少なくないと思います。用途を工夫して利用すれば、家事代行はどちらも大変便利です。

今回は定期依頼と単発依頼の違いや、おすすめの利用方法をご紹介いたします。

定期依頼について

メリット

定期依頼とは定期的に家事代行を利用することで、1回当たりの料金は単発依頼よりも安く設定されています。もし気に入ったサービス提供者がいて、「毎回同じ人に来てほしい」と感じた場合は、定期依頼の方がお得に利用できます。

また、同じサービス提供者が来てくれることでお互いに信頼関係を築きやすくなります。何度も利用しているとサービス提供者側も依頼主の好みや家事に関する決まりごとなどに理解が深まり、詳細な指示がなくても家事が依頼できるようになります。

信頼関係ができ、依頼主の留守中に家事代行の依頼をする方も中にはいるようです。

デメリット

定期依頼の利用回数は事前に決まっています。そのため、「やっぱり他の人に依頼したい」といった場合でも残った回数分は同じサービス提供者に依頼しなければなりません。急に引っ越すことが決まってもすぐ解約することができないので、事前の調整や注意が必要です。

向いている人

定期依頼はどれくらい利用するのかをあらかじめ決めている方に向いています。たとえば隔週で家事代行を依頼したい日が決まっている、毎週木曜日に依頼するケースなどです。

また、「絶対に同じ人に来てほしい」という方も定期依頼がおすすめです。家事代行マッチングサービスでは自分でサービス提供者に直接依頼をするので、継続的に同じサービス提供者に依頼をしたくても相手の予定が空いていないことがあります。予定が空いていないと、新たにほかのサービス提供者を探して依頼しなくてはなりません。

家事代行業者を利用する場合、スポット依頼は空いているサービス提供者が来るので、相性があまり良くない場合「前の人の方が良かったな」となってしまいます。

ほかには1度の利用料金を少しでも安く抑えたい、コスパ重視という方も定期依頼がおすすめです。

単発依頼について

メリット

単発依頼の大きなメリットは、必要なときだけ利用することができるという点です。定期依頼だと家事に困っていない状態でも次のサービス提供日が来てしまうこともあります。掃除代行などはきれいな状態が維持できるので良いかもしれませんが、場合によっては「まだ必要なかったし勿体ないな」と感じることもあるかもしれません。

また「自分にはどの家事代行業者のサービスが合うのか分からない」という場合、単発依頼なら様々な業者のプランを試すことができます。自分に合った家事代行業者を探す方法としても便利です。

デメリット

定期依頼に比べて1回あたりの利用料金が割高になります。

家事代行業者ではサービス提供者を指名できないことがほとんどなので、気に入った人がいても同じ人に続けて依頼することは基本的にできません。

また、原則としてサービスの提供は依頼主が在宅しているときに限られますので、自宅の鍵を渡して依頼することはできなくなっています。

ただし、家事代行マッチングサービスではサービス提供者に直接依頼するので、依頼者が自分でサービス提供者を選ぶことができます。

向いている人

急な来客で掃除が必要なときなど、緊急時の対応として人手が欲しいときに非常におすすめです。ホームパーティーや記念日のお祝いなど、自宅でちょっとした集まりをする際の準備や片付けをしてもらうこともできます。

また、年末の大掃除のお手伝いや、引越しの荷造り、荷開けなどで利用する方も多くいます。普段頑張っている自分にご褒美として、また子どもとの時間を作りたいという方にもおすすめです。

使い分けを考えよう

どちらか一方が良くてどちらが悪いといったことはありません。自分の目的や状況に合わせて使い分けることが大切です。

初めての依頼は単発がおすすめ

コスパがいいからといって、初めて家事代行サービスを利用するにも関わらず、いきなり定期依頼の契約を結ぶことはおすすめできません。まずは単発で試してみて、本当に必要なサービスか、今後も継続的に利用したいか、サービス提供者との相性が良いかを考えてみましょう。

将来的に留守を預けるつもりなら
 定期依頼がおすすめ

気に入ったサービス提供者が見つかり、将来的に留守中の家事代行を考えているなら定期依頼がおすすめです。ただし、定期依頼をするにしても、初めからいきなり鍵を渡すのではなく、十分な信頼関係が築けてから渡すようにしましょう。いきなり鍵を渡されるとサービス提供者も困ってしまいます。また、防犯の観点からも十分に信頼できるかを見極めてから渡すことをおすすめします。

特別なときにだけ利用する方法もおすすめ

普段の家事は自分で行い、特別な日や緊急時だけ利用してみるのはいかがでしょうか。たとえば体調を崩した際に依頼する、誕生日に特別な料理を作ってほしい、子どもが帰省するので帰ってくるまでに掃除を依頼する、などです。

普段は定期依頼をしている方も、特別なときにだけ追加でスポット契約として来てもらうなど、便利に使い分けてみましょう。

単発依頼と定期依頼、どちらにもメリットとデメリットがあります。2つのサービスの特性を知っておくことで、自分に必要なサービスはどのようなものかを知ることができます。

これから家事代行サービスを利用したいと考えている方は是非、参考にしてみてくださいね!

FacebookTwitterInstagram