ホーム > 家事代行 > 家事代行でトラブルを防ぐためにしておきたいこと

家事代行でトラブルを防ぐためにしておきたいこと

家事代行サービスは非常に便利ですが、他人を自宅に招き入れて仕事をしてもらうので、不安に思う方もいらっしゃるかと思います。特に今まで家事代行を利用したことがないと、どうすればいいのか分からないということもあるのではないでしょうか。

そんな方のために今回は、家事代行サービスを利用する際に起こりうるトラブルを予防する方法についてご紹介していきますね。これから家事代行を利用したいと考えている人は是非、参考にしてみてください。

依頼前に確認しておきたいこと

貴重品の保管について

知らない人を自宅に招き入れるうえでもっとも不安に感じるのは、貴重品の盗難や紛失ではないでしょうか。

自宅で盗難被害に遭うことは避けたいですし、せっかく来てくれたサービス提供者を勘違いで疑うことも避けたいですよね。トラブル回避のためには、必ず貴重品の管理について事前に確認し、見えない場所にしっかりと保管しておきましょう。

契約前に内容などを再確認

アンケートによると、家事代行サービスを利用した方の意見でトップに上がっていたのが「依頼を十分行ってもらえない」「依頼内容に理解が足りていない」といった仕上がりに対する不満です。しかし、中には依頼主側の指示が曖昧なことが原因になっていることもあります。契約前に依頼内容を明確に伝えましょう。

損害賠償保険の有無を確認

注意していても、うっかり物をぶつけてしまうといったトラブルは起こりやすい事例です。高価な物がある場合には、できるだけ触れない場所に移動させておくことをおすすめします。また、不安な方は、サービス提供者の損害賠償保険の加入の有無を確認しておきましょう。万が一破損した場合でも補償を受けることができます。

条件や希望を伝えられるか

事前に家事内容を詳しく伝えられる機会があると、当日の作業をスムーズに取り掛かってもらえます。また、条件を絞ることでどんな人に依頼すれば望むサービスが受けられるのかを判断する基準にもなります。

気に入った人を指名できるか

中にはサービス提供者と非常に相性が良く、続けて来てほしいと感じるケースや、初めて依頼するけれど非常に評判がいいので絶対に依頼したいというケースもありますよね。

家事代行サービスでは毎回同じサービス提供者が来るとは限りません。指名ができるケースもありますが、指名費用が追加される、日によっては依頼ができないといったこともあります。同じサービス提供者に来てほしい場合や、別の人に来てほしい場合は対応してもらえるか業者に確認しておきましょう。

依頼時に起こりやすいトラブルの
回避方法

依頼する作業には優先順位を付ける

依頼は優先順位を明確にしておきましょう。たとえば掃除の場合「寝室の床掃除を優先的にお願いします」など範囲を伝えます。ほかにも必ずきれいにしてほしい場所がある場合は「掃除機をかけた後にシートで拭き掃除をしてください」など具体的に伝えておきます。サービス提供者は分かりやすい指示がある方が動きやすくなります。

買い物は自分でした方が納得いくことが多い

買い物は不満が出やすい家事です。「特にこだわりがないので適当に買ってきてください」と伝えても人によって基準が異なるからです。たとえばカレーのルーを購入する際、辛さだけを指定したとします。すると値段は安いものが良いのか、メーカーにこだわりがあるのか、スーパーのプライベートブランドも入れるのか、賞味期限は気にするのか、粉末が良いのかなど、普段自分では意識していない判断基準がたくさん出てきます。買い物代行で不満を感じないためには、自分で済ませる方が良いかもしれません。

クオリティについて折り合いをつける

クオリティに関するトラブルは、認識の相違によって発生します。

たとえば「キッチンをキレイにしてほしい」という指示を出した場合、キレイとはどの程度を指すのか人によって基準が異なります。「水垢がないように」など、自分が求めているレベルを伝えましょう。依頼内容によってはサービス対象外になるので、お互いの認識をすり合わせるためにも必要です。

家事代行を上手く利用するには

トラブル時にはすぐサービス会社に連絡

トラブルが起きた際は契約しているサービス会社にすぐ連絡を入れましょう。トラブル内容以外にも問題が発覚した日時、場所などを正確に伝えることが大切です。写真に撮っておくというのも有効です。問題を早期に解決するためにも、できるだけ早く動くことが大切です。

マッチングサービスの場合は、サービス提供者に直接伝え、対応についてきちんと話し合いしましょう。

最初はスポットで試してみる

初めてのサービス提供者に家事代行を依頼する場合は、スポット契約でどんな人なのかを知るところから始めましょう。最初から定期契約にすると、相性が悪いときに変更ができないなどの問題があります。

まずは複数人をスポット契約で試してみて、一番良かったサービス提供者を指名して定期的な契約をすることをおすすめします。

注意事項を伝える

不要なトラブルを避けるには、最初に「貴重品や高級な家具には触らないように」という具合に注意事項を伝えることが大切です。料理代行を依頼する場合は特にアレルギーの有無を伝えるなどを注意が必要になってきます。

家事代行はサービスとして非常に便利ですが、依頼の伝え方ひとつでトラブルを招いてしまうことがあります。これから家事代行を利用したい方は、依頼する前にどのような注意が必要かリストアップしておきましょう。

FacebookTwitterInstagram